第八ブログ

2017.08.07

遺品整理で発見された刀の発見届け

 おはようございます。名古屋の遺品整理・特殊清掃専門の第八行政書士事務所の谷です。

台風が近づいて来ていて今日の名古屋は朝から大雨状態です。皆さん雨、風に気をつけてくださいね。

昨日の無料相談会で「相続バザー」の売り子を汗を掻きならやっていたら、なじみのお客さんが甘いお菓子の差し入れをくださって本当に嬉しかったです。


遺品整理でご提供して頂いた「まだ使えるけどいらない物」「捨てるくらいなら欲しい方へ」は着実に地域に根ざし始めています。ご提供頂きましたご家族の皆様ありがとうございます。

さてさて、話しは変わって先日お手伝いさせて頂いた遺品整理の現場でのお話し。とっても大きなお宅で庭には蔵があったご自宅なのですが、お客様は遠方の為、当事務所に全て一任頂いての作業となりました。

一日では分別や貴重品の捜索が終わらないので日にちを分けて作業を行っていた時のこと、蔵の整理をしていたスタッフから「谷さ~ん、刀が出てきました」との声が。

蔵の二階部分は電気もなく、風通しも悪いなかスタッフが頑張ってくれていたのですが、蔵の二階部分には長持ちが4つほど置かれており、昔の布団などいろいろな生活雑貨が納められていたのですが、そのうちのひとつから刀が数本出てきました。

刀が出てきた場合にまず確認するのが登録証の有無です。登録証があれば教育委員会で名義変更を行い引き続き所持することができますが、登録証自体が紙でその紙の登録証を紐や針金で括りつけてあるだけの場合が多く、発見した時点で既に登録証が無くなっていることも珍しくはありません。

今回の刀も登録証らしきものがついているのが一振りあるだけで、その他の刀には登録証はついていませんでした。スタッフから発見の報告をもらってすぐに長持ちの中も再度捜索しましたが長持ち内にも落ちていません。

こうなってくると、まずは警察署(発見地を管轄する)へ発見届けを行い、その後警察署から発行される届出済証を持って教育委員会への審査に持ち込むこととなります。

普段は遺品整理の貴重品と供に依頼者の方へ刀をお渡しして発見届け等の手続きの説明をして完了となるのですが、今回は依頼者の方は遠方であることと、警察署から発見者である当事務所が発見届けを代わりに行っても良いとの返事がありましたので、依頼者の方に代わって警察署へ行くことに。

遺品整理で刀を発見することは良くあるのですが、「発見届」を依頼者に代わって行うのは初めてだったりします。

ちょっとわくわくしながら警察署へ刀を運ぶのですが、運ぶ際にも注意が必要で、いきなる刀を車に積み込んで運んでしまうと何かの際に警察に呼び止められて車のチェックを行われたりすると「この刀はなんだーー!」ってなってしまいますよね。

ですので、万が一に備えて事前に持ち込む警察署(通常は生活安全課)の担当者の方に連絡を入れて「今から持っていきます~」の連絡を入れておけばもし、職務質問などで刀が出てきても「警察の指示に従って運んでいます」と言えるからセーフ!ってなるわけです。

もちろん、いくら事前に連絡を入れてあるからといってあきらかに「刀」ってわかるような形では持ち運ばずに布で包むなりして運びましょうね。

そしていよいよ「発見届」の手続きとなるのですが、事前に依頼者の方と警察署にて一振り以外は破棄するということで話しが纏まっていましたので、実際には「発見届」とは別に任意に提出して、所有権は放棄、そして破棄への承諾といった書類を別途作成していきます。

それらの書類を作成するにあたり、刃渡りや刀の種類(太刀や軍刀など)、銘の有無などを確認するのですが、警察署にはちゃんと刀の柄の部分を外す道具があるんですね(笑)

あの時代劇などで、柄の部分をコンコン叩いて刀身と柄を分ける作業をこの目で見るとは思いませんでした。

今回持ち込んだ刀はひとつが太刀、その外が典礼用と思われるサーベル、そして軍刀が数本といった感じです。


警察署の方は書類作成上で色々調べることもあるらしく、軍刀と太刀では吊るす際の刃の向きが上下反対になるなど色々と面白い話しを聞きながら書類を作成していきました。


柄にかたつむり(蝸牛)が描かれていてちょっと可愛い

軍刀は美術品としての価値がないとなると教育委員会で登録ができない可能性もありますが、ご依頼者の意向としては思い出の品として刃を潰してでも所持していきたいとのことですので、遺品整理専門の行政書士として、ちょっと手続き頑張ってみますかね!

名古屋の遺品整理・特殊清掃専門 第八行政書士事務所 代表 谷 茂

第八行政書士事務所は名古屋を中心に遺品整理・特殊清掃のご相談を受け付けております。

その他の地域にお住まいの方でも遺品整理や生前整理、相続相談、賃貸トラブルなどのご相談は随時お受け致しておりますのでお気軽にご相談くださいね。第八行政書士事務所 問い合わせフォームはこちら

人気記事TOP11

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«8月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 引き取り手が無く困っている遺骨、骨壷について

 生前に用意する死後の挨拶状自分の死後、親しい方へと自分の言葉で感謝の気持ちを伝える新しい作法「生前に用意する死後の挨拶状」について

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件で自殺や孤独死が起きた場合の対処法 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 退去立会いサービス実施中! 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

名古屋商工会議所の一員です。

名古屋商工会議所 第八行政書士事務所
第八行政書士事務所は名古屋商工会議所の一員です。

ページの先頭へ