第八ブログ

2017.08.28

遺品整理と遺品の鑑定について

 おはようございます。名古屋の遺品整理・特殊清掃専門第八行政書士事務所の谷です。

一昨日と昨日はなんか秋を感じる風を感じた名古屋ですが、今日は朝から蒸し暑いですね。8月も終わろうとしていますがまだまだ熱中症の危険性は高いですので油断なさらぬように!

さてさて、昨日は遺品整理のご相談とその準備として故人宅に残されていた骨董品などの鑑定を行うべくお客様のところへ伺ってまいりました。

ご両親が長年お住まいだったご自宅の整理などで困るのが「これって価値があるの?」「捨てちゃったらまずい?」となるような骨董品を代表とする集めた本人にしか価値が判らない物ですよね。

いつも遺品整理や相続のセミナーなどでお話しをさせて頂く際などには「趣味の品などは本人にとってはお宝でも、興味のない家族にとってはただのゴミ。せっかく集めたコレクションをゴミとして捨ててしまわれないように、高価な物やいわくのある品などはちゃんと家族に伝えるなり、遺言書に書くなり、メモを残すなりしておきましょうね」と口をすっぱくして言ってる次第です。

なんでそこまでして言っているのかというと、遺品整理の現場では本当に色々な物が処分されているからです。中にはちゃんとしたところに持っていけばかなりの金額が付くもの、また一個づつではそれほどの金額にならなくても数が集まるとものすごい金額になる物など、それこそ故人の収集の仕方によって残された物の価値が変わってきます。

また、一般の方には価値の有無が判らないものでも、ある程度経験のある業者なら細かな価値まではわからなくても、メーカーやブランドから価値の有無をだいたい把握できるものです。

しかし、不誠実な業者になるとそれをあえて黙っておき、依頼者には処分すると言った上で後で換金するといったグレーな行為をしているといった話しも良く聞くところです。

そういった状況が顕著に現れるのが骨董品関係の品々。なんでも鑑定団が人気を博していることから分かるように骨董品関係は奥が深い。

高価な物だと思って買ったら数千円だった。フリーマーケットで買った千円程度の壷が数十万円に化けたなんてことがあったりと、ある意味プラスにもマイナスにもぶれるからこそ面白さがあるとも言えます。

でも、遺品整理の現場では面白いと言ってもいられません。価値が分からないから捨てるに捨てられない。大量の骨董品が部屋を占領していて遺品整理が進まないなどのお悩みを良く聞きます。

「さー頑張って整理するぞ!」と勢いをつけて遺品整理に着手しても、所々から出てくる骨董品やその他のちょっと価値があるかも?と思える品が出てくると手が停まってしまい、結局進まなかった、なんてことは良くあることです。

今回のご依頼もそんなお悩みを抱えた遺族からのご相談です。今回のご依頼者は名古屋で行った別の遺品整理のご依頼者のお知り合いの方です。

名古屋で行った当事務所の遺品整理とその前段階で行った骨董品や趣味の品の査定の仕方に満足して頂けたようで今回のご依頼者を紹介して頂けたようです。本当にありがたいことです。

今回は名古屋を離れて市外での査定です。当事務所はもちろん査定担当の方もフットワークが軽い方ですので、呼ばれれば何処へでも向かいます。

今回は遺品整理の見積もりと骨董品関係の査定のご依頼ですが、まだまだ家族での整理が途中のようでしたので、遺品整理についてはもう少し落ち着いてからにして、まずは遺品整理を行う上で故人が残された物でどれを処分して、どれを残して置いた方がいいのかの査定を行うことに。


綺麗に整理されていると量はそれほどでもないように感じますが、広げてみると結構な量です。意外と処分してしまいがちな書道関係の道具は買取対象になりやすいですので、ご注意を!


一部屋では収まらない品々。品物が乗ってるテーブルも実は黒檀のテーブルで買取対象です。


中にはちょっとみないサイズの大きな壷なども

といった具合で各お部屋や倉庫などを廻り査定を進めていきました。全室を見て査定を行い、一点ごとにどういった品であるのかなどの説明をした上で金額を付けさせて頂きます。といっても私は横で「へーほー」と感心しているだけですけどね。餅は餅屋なんですよ!

大きなご自宅でしたので二時間程かけて査定も終了。遺品整理の前に査定を行うことの利点はもちろん価値の有無を判断することですが、私自信はそれ以外にも査定をすることによってその品物がどういったいわくのある物であったのかが判ったり、それを購入した当時の記憶が蘇ってくること、そして遺品を通して再度故人に思いを巡らす機会を得られることがとても大事だと考えています。

中には査定の結果、価値なしとされる物もあるでしょう。でも故人はそれをとっても嬉しそうに眺めていたことが思い出されて「まったく、あの人はこんな物を後生大事にしていて、ほんとバカね(嬉)」と涙ながらにも笑われる方もいらっしゃいます。

遺品整理は心の整理とも言われますが、故人が大切にされていた品々は故人の生き様を表すことも多く、ないがしろにはしたくないですよね。遺された遺品をどうしたらいいのかお悩みでしたらご相談くださいね。

名古屋の遺品整理・特殊清掃専門 第八行政書士事務所 代表 谷 茂

第八行政書士事務所は名古屋を中心に遺品整理・特殊清掃のご相談を受け付けております。

その他の地域にお住まいの方でも遺品整理や生前整理、相続相談、賃貸トラブルなどのご相談は随時お受け致しておりますのでお気軽にご相談くださいね。第八行政書士事務所 問い合わせフォームはこちら

人気記事TOP11

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«8月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 引き取り手が無く困っている遺骨、骨壷について

 生前に用意する死後の挨拶状自分の死後、親しい方へと自分の言葉で感謝の気持ちを伝える新しい作法「生前に用意する死後の挨拶状」について

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件で自殺や孤独死が起きた場合の対処法 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 退去立会いサービス実施中! 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

名古屋商工会議所の一員です。

名古屋商工会議所 第八行政書士事務所
第八行政書士事務所は名古屋商工会議所の一員です。

ページの先頭へ