第八ブログ

2018.06.26

事故物件、家主は隣室の損害賠償の責任を負うのか?

 おはようございます。名古屋の遺品整理・特殊清掃専門第八行政書士事務所の谷です。

ここ最近毎日言ってますが暑いですね、、、、、昨日はさすがにエアコンを稼動させましたが、電気代が高くなる季節の到来です。

高齢者の方の中にはエアコンの風が肌に合わないと利用を控える方もいらっしゃいますが、実感はなくても体は暑さで疲弊していますので、文明の利器を上手に活用して熱中症による孤独死!なんてことのないようにしていきましょう。

さてさて、これからの季節熱中症による孤独死なんかが増加してきます。また、少し早いですが、夏休みの終了間際では学生の方の自殺などの件数が一気に跳ね上がりますので家族はもちろん、賃貸経営をしている家主側としても結構危険な時期であったりもします。

いつもは借主目線でブログを書いていることが多い私ですが、別段貸主側を敵視している訳ではなく、一般的に貸主側の請求が過大になりすぎる傾向にあるので、それに対する過去の判例などを基にした意見を書いているだけです。

ですので、事務所では借主からの相談だけでなく、大家さんや管理会社の方などからのご相談にも応じていますので、何かあればご相談ください。

という訳で、今回のブログはちょっと別目線での大家側からの立場で書いてみようかと思います。

お題は「賃貸物件で事故が起きた場合に、事故があった部屋の隣室や階下の住人からの損害賠償請求に貸主は応じなければいけないのか?」なんか、お題が長くなってしまいましたが、言いたいことは分かってもらえるかと思います。

賃貸物件で自殺などの事故が起きた場合にまず問題となるのが、入居者側の遺族や連帯保証人と家主側との
損害賠償などの問題です。ですが、実際の遺品整理の現場ではこの2者間の対立だけでは収まらないことも多くあります。

典型的な例としては、事故のあった部屋の隣の入居者から大家に対して、「自殺があった部屋の隣でこれまで通りに生活はできない。引越しするからその費用を負担しろ」といった請求です。

遺品整理や事故物件の相談、特殊清掃の依頼などを受けて現場に赴いた際によくこの手の相談を頂きますが、いつも思うのですが、なんで大家さんに言うのですかね?ということです。

もちろん、隣室の方としては自殺した方の親族とは面識はないでしょうし、連絡先だって知らない。だからすぐに連絡が取れ、苦情の言える家主側に連絡しているのだというのはわかります。

ただ、だからと言って、悪いのは自殺した入居者(自殺された方にも様々な事情はあったかと思われますが、)であって家主が悪いわけでもありません。

ましてや家主側に入居者が自殺しないように監督する責任なんてものはありませんし、そもそも家主側に請求するのはお門違いということになります。ですので、隣室の方からのこうした賠償請求に家主側が応じる必要は基本的にはありません。

もし、請求するとしたらそれは自殺をした入居者の相続人や連帯保証人に対してすることとなります。ただ、上でも述べたように隣室の方が自殺された方の遺族や連帯保証人の連絡先を知っている訳でもないですし、実際に訴えるといっても難しいのが実情でしょう。

ただ、隣室の方の不安も最もなところでありますから出来るだけの事はしてあげたいと思われる大家さんもいらっしゃり、善意で引越し費用を負担してあげたり、または一時的に家主側が負担し、掛かった費用を後ほど遺族や連帯保証人に請求するといった対応をされる場合もあります。

ただし、後から遺族や連帯保証人に請求するといっても、そもそもその費用を遺族や連帯保証人が負担するべきものではないということも十分あり得ますので、回収できない可能性が高いことを考慮して対応しましょう。

以前、事故物件の遺品整理と特殊清掃を行ったマンションでは管理会社の方が素早く動かれて、階下の方の生活を守られていたケースがあります。そのマンションでは生活保護の方が孤独死されて遺体が腐乱し、血液などが下の階なでに漏れ出てしまっていました。

当然、ハエなどが大量に涌き、下の階では通常の生活が送れるような状況ではなかったですので、下の階の方としては引越しを考えていたところ、管理会社の機転で同じマンションの空き部屋へと手続き費用などは無く、すぐに引っ越すことができました。

同じマンションですので、引越し業者などを使わずに済みますし、通勤などの会社関係でも特別な手続きは不要で被害に遭われた方としては不幸中の幸いといったところでしょうか。

ただ、この現場ではたまたま空き部屋があったからよかっただけであり、どの現場でもこう都合よく事は運びません。

家主側としては、もし自分の管理物件で事故があった場合などを想定して、事故が起きた際にどのように動けばいいのかを事前にシュミレートしたり、事故対応マニュアルなどを作成しておくと、万が一の時に慌てなくてすむかもしれません。

遺品整理の現場で起きる入居者と家主側のトラブルについては私の方でも詳しくお話しすることも可能ですので、マニュアルを作る際などに実際の現場の話しを聞いてみたいなどの要望があればご連絡くださいね。

名古屋の遺品整理・特殊清掃専門 第八行政書士事務所 代表 谷 茂

第八行政書士事務所は名古屋を中心に遺品整理・死後事務のご相談を受け付けております。

その他の地域にお住まいの方でも遺品整理や生前整理、相続相談、死後事務に関するご相談は随時お受け致しておりますのでお気軽にご相談くださいね。

弁護士紹介制度について

弁護士紹介制度

賃貸物件での自殺の問題は借主側、家主側双方にとって大きな問題となります。また、法律で画一的に解決手段が決まっている訳ではないことからどうしても当事者双方の協議を重ねて解決へ向かっていく姿勢が重要となってきます。

第八行政書士事務所では当事者双方の協議を円滑に進める為に依頼者の方に親身になって相談に乗って頂ける弁護士を紹介しておりますので、どうしても相手方との折り合いが付かない、または話しを聞いてもらえないといった状況でお困りの場合は頼りになる弁護士の先生をご紹介いたしますのでご相談ください。(
弁護士紹介制度について

ご紹介する弁護士の先生は当事務所所在地が名古屋にあることから、名古屋に事務所を構えている弁護士の先生が中心となります。

弁護士の先生への相談(初回相談は無料対応有り)につきましては、相談時間を有効に利用する為にも当事務所にておおまかな内容の聞き取りを行い、その内容を弁護士の先生へお伝えした上で、相談に臨んで頂く方式を取っておりますので、最初のご相談は当事務所へとご連絡をお願い致します。(弁護士の先生の事務所へ行く際はお申し出があれば付き添いも行います。)

また、名古屋在住の方でなくても弁護士の先生の事務所へとご来店頂ける方につきましてはサービス対応の範囲内となっておりますので、自宅は県外だが名古屋の部屋を整理したい方や近くで良い先生がみつからないような場合はご相談ください。

費用について
弁護士紹介制度は賃貸物件での事故で悩まれているご家族の為に用意しておりますので、弁護士の先生のご紹介に関しては費用は発生いたしません。また、当事務所への相談も無料で行っております。

※当事務所スタッフが弁護士の先生の事務所への付き添うサービスについては費用が1万(税抜)が掛かりますが、遠方からこられて名古屋の地理が分からないような場合は送迎もいたします。(送迎は無料です。)

弁護士の先生へ実際に依頼する場合の費用については、事情をお伺いした上で掛かる費用を弁護士の先生よりご提示していただきますので、依頼されるかどうかはじっくり検討されてからご返事頂ければ大丈夫です。

詳しくは「
弁護士紹介制度について」をご確認ください。

ご相談やご依頼について

第八行政書士事務所では地域を問わず全国からの相談を受け付けております。ご相談は電話またはメールでご連絡頂ければ担当者よりお返事いたします。

また、第八行政書士事務所では自殺や孤独死が起きた際にご遺族や連帯保証人の方向けの各種手続きの補助や合意書の書類作成を行っておりますのでご利用ください。

詳しくは下記参考ページをご覧ください。
賃貸物件で孤独死・自殺をされた方のご遺族や連帯保証人が取るべき方法
自殺や孤独死が起きた際の対処法
相続放棄手続きの代行業務について
自死・孤立死賃貸物件判例集
相続放棄をする前に
原状回復をめぐるトラブルとガイドラインを超解説

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«6月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 
 おひとり様の安心を見守る
 死後事務支援協会

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 引き取り手が無く困っている遺骨、骨壷について

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件で自殺や孤独死が起きた場合の対処法 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 退去立会いサービス実施中! 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

ページの先頭へ