第八ブログ

2018.06.29

事故物件の当事者になったらまず何をすべきか?②

 おはようございます。名古屋の遺品整理・特殊清掃専門第八行政書士事務所の谷です。昨日のW杯サッカーは積極的に負けに行っての決勝進出となんかモヤモヤしますね。もちろん、そこで終わってしまっては意味がないので、あれも作戦だというのは理解できますが、こう、なんて言うのか、モヤモヤ~とします

まー、サッカーの事は置いておいて、昨日のブログの続きを書いていこうと思います。昨日は賃貸物件で事故が起きた場合にはまずは、自分が故人とどのような関係にあるのかを確認するのが大事で、その結果によって今後の取れる選択肢が変わってくるとお伝えしました。

まだ読まれてない方はこちら「
事故物件の当事者になったらまず何をするべきか?」をご確認ください。今回はそれぞれの立場になった場合の取れる手段について簡単に解説していきます。

故人の権利義務を相続する場合

故人の相続人の方が相続放棄(限定承認)という選択をせずに故人の権利義務を承継した場合は、賃貸物件における故人が負っていた原状回復義務や善管注意義務違反(善良なる管理者の注意義務違反)などから来る損害賠償に応じていくことになります。

故人の権利義務を相続人が相続する場合は特別な行為は必要とせず、相続人が家庭裁判所へ相続放棄等の申述などせず3ヶ月経過すれば自動的に相続したものとされます。

また、積極的に故人の預貯金を処分したり、遺産分割協議などを行っても相続意思有とされる法定単純承認とされ、これも相続したこととなります。

意識はされていないと思いますが、故人が亡くなった後に相続人が一般的に行う行動が相続する意思に基づいて行われていることも多く、特段特別なことをしなくても相続していく流れになっているということですね。

ただ、反対に言うならごくあたり前の行為が相続したものとみなされてしまう危険があることも十分注意して行動しないと、相続放棄ができなくなってしまうことにも繋がりますので行動を起こす前には必ず専門家に相談してください。

さて、賃貸物件における故人の権利義務を相続するとどうなるのか。また、被相続人(故人)が賃貸物件で自殺や孤独死、殺人等のように一般的に事故物件として今後扱われるような状態で発見された場合はどうなるのかを解説していきます。

※孤独死は厳密に言えば病死であり、事故物件として扱われるべき物ではありませんが、発見が遅れて遺体が腐敗し、死臭が充満していたような場合は専門家の間でも事故として扱うか扱わないかで意見が別れるところですので、ここでは基本的には自殺や殺人のケースを想定して記載していき、孤独死の場合は遺体が長期に渡って発見されず腐敗していたような状況の場合にあてはまる可能性があるとの前提でお読みください。

相続人はどこまでの義務を負うことになるのか?

故人が賃貸物件において事故物件として扱われるような状況で発見された場合に相続人が相続をした場合に相続人はいったいどこまでのことをしなければいけないのか?

簡単に言えば全ての義務を負うことになります。故人が借りていた賃貸物件における、未納家賃はもとより、原状回復義務、自殺などの場合なら今後の募集に影響が出る可能性があるので、家賃を減額しなければならないことも多く、その減額した家賃の差額を逸失利益として賠償しなければならないこととなります。

相続するというのは、故人が有していた権利も義務もそのまま全部包括的に引き継ぐということですから、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産も当然に全部引き継ぐこととなります。

これは結構大変なことで、プラスの財産だけならそれほど問題になりませんが、事故物件の当事者のような場合はマイナスの財産が飛びぬけて大きいということもありますので、事故物件の当事者となったような場合の相続するという選択は本当に慎重に検討してから行ってください。

事故物件の相続人や連帯保証人が取れる手段については「
賃貸物件で孤独死・自殺をされた方のご遺族や連帯保証人が取るべき方法」に詳しく書いてあるのでご確認ください。

原状回復費や逸失利益の賠償は青天井?

相続人が相続をすることを決めて家主側の請求に応じると決めた場合でも必ずしも家主側のいい値を支払う必要がある訳ではありません。

賃貸物件で事故が発生した場合に家主側が借主側に請求する「原状回復費用」や「損害賠償」といった金額は基本的には請求し過ぎのケースがほとんどです。

一般的な家主側としては室内が自殺などで汚れてしまった場合は汚れている部分以外の箇所も含めて全てフルリフォームする見積りを作成して遺族側に提示してくることがほとんどでしょう。

例えば、浴室で練炭自殺したようなケースだと、この場合浴室の交換は認められる事が多いでしょう。たとえ、遺族側が綺麗に掃除してたとしても過去に自殺が起きた浴槽に浸かりたいとは誰も思わないので、交換となってしまうのは致し方のないことです。

ただ、こういったケースで良くある家主側からの見積りとしては、自殺が起きたのは浴室。でも、実際の見積りに記載されているのは、浴室以外にもキッチンやトイレ、居室部分のクロスの張替えなど、事故とされる自殺が起きた箇所以外にも原状回復の内容として盛り込まれて請求されているケースが非常に多く見受けられます。

これは家主側としては少しでも次の入居者には募集しやすいようにとの考えからでしょうが、裁判上は自殺などの事故とされる部分と関係のない箇所の原状回復による請求は認めてはいませんので多くのケースでは家主側の過大請求となることでしょう。

また、原状回復には当然これまでの生活において経年劣化した部分なども考慮されるべきところですので、家主側から自殺などの事故を原因として全てを新品に交換するという請求がされたとしても、本来遺族側が負担すべきなのは新品に交換する上での一部の負担割合と考えることもできますので、必ずしも家主側のいい値で青天井での請求が認められるという訳ではありません。

ですので、家主側から提示された金額があまりにも過大と感じる場合は、これまでの居住年数や建物自体の建築年、自殺の状況や汚損状況などを正確に把握した上で弁護士の先生など協力のもと家主側と交渉していく必要があります。

弁護士の先生へとうまく説明できないと感じる場合は当事務所でもお手伝いいたしますのでご相談ください。(東海地区の方でしたら提携の弁護士事務所へ同行いたします)

故人の生命保険を活用できないか?

孤独死のようなケースで突発的に入居者が室内で亡くなってしまうということはありますし、また、現役世代の方が様々な事情のもと自ら命を絶たれてしまうということもあるでしょう。

相続人としては相続するかどうかも含めて非常に困るところではありますが、もし、故人が生命保険に加入していた場合で受取人が相続人に指定されているのでしたら、今後の対応にとって非常に助けとなるかもしれません。

一般的に加入者が死亡した場合に受取人として指定されていた方へと支払われる生命保険金。この生命保険金は契約時に受取人を指定しておくことが多く、また、受取人として指定できるのも原則近親者だけとなっています。

ですので、相続人が受取人として指定されていることも珍しくはないのですが、生命保険金の特徴として、相続放棄に影響されないというものがあります。

詳細は省きますが、簡単に言えば相続人が相続放棄をしたとしても、生命保険金の受取人と指定されている方は生命保険金を受取ることができるということです。

これによって、例えば賃貸物件で事故が発生して借主が死亡。相続人である遺族が家主側からの原状回復などの請求で相続するかどうか頭を悩ませているといった状況であったとするなら、生命保険金の額を考慮した上でその後の対応を考えることができるようになります。

例えば1000万の生命保険金が受取れるとするなら、家主側からの賠償については問題なく支払うことができるでしょうから相続放棄をせずに手続きを進めていくことができます。

また、故人の財産が負債(マイナスの財産)しかないといった場合は相続放棄をした上で、マイナスの財産の承継を断り、室内の原状回復などについてだけ受取った生命保険金から支払うということもできます。

もし、故人との関係が悪かったような場合は賃貸物件の原状回復の費用なども含めて全て相続放棄で否定した上で生命保険金だけ受取るということもできますので、生命保険に加入していたかどうかは非常に重要な判断材料となりますので必ず故人が生命保険に加入していたかどうかは確認するようにしましょう。

連帯保証人だった場合は?

当事者が故人の賃貸物件の契約の際の連帯保証人となっていた場合はどこまで責任を負わなければいけないのか?という問題について。

連帯保証人は故人が負うべき賃貸契約上の義務を故人と連帯して責任を負うというものですから、考えかたとしては上で述べた相続すると決めた相続人の責任と同じ内容になってきます。

ただし、連帯保証人は相続人ではないので、権利(プラスの財産)はもらえないということで、義務のみ負うということです。もちろん、相続人かつ連帯保証人の場合は相続人の地位も持っていますので、この場合は権利も有していることにはなります。

ですので、連帯保証人が負うべき義務は故人と同じ義務となります。原状回復に関する義務も自殺などで逸失利益の損害が発生すればその賠償責任も負うものと考えられています。

その後の対応としては上で述べた相続人と同様の流れとなっていくでしょう。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«6月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 
 おひとり様の安心を見守る
 死後事務支援協会

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 引き取り手が無く困っている遺骨、骨壷について

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件で自殺や孤独死が起きた場合の対処法 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 退去立会いサービス実施中! 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

ページの先頭へ