原状回復にかかる判例【事例31】

[事例31]
 賃借人が負担すべき特別損耗の修繕費用につき、減価分を考慮して算定した事例
 神戸地方裁判所尼崎支部判決 平成21年1月21日
〔敷金31万1000円 返還請求28万3368円のうち、25万3298円〕


1 事案の概要

(原告:賃借人X 被告:賃貸人Y)
賃借人Xは、賃貸人Yとの間で平成12年2月1日、本件住宅につき平成12年2月1日から平成13年3月31日まで(期間満了日の6か月前までに双方の異議がなければ、家賃及び敷金を除き、同一条件でさらに1年間延長されたものとし、以後この例による)、賃料月額11万7000円、共益費月額8000円、敷金31万1000円とする賃貸借契約を締結し、賃貸人Yに対して敷金を交付した。

賃借人Xは、平成19年6月ころ、賃貸人Yに対し、本件賃貸借契約の解約を通知し、同年7月3日、本件住宅を明け渡した。賃借人Xと賃貸人Yは、7月1日から3日までの日割賃料5992円を敷金から控除することを合意した。賃貸人Yは本件住宅の住宅復旧費(タバコのヤニの付着によるクロスの張替え、床の削れ補修)28万3368円についても敷金から控除し、賃借人Xに対して敷金残金として6万1640円を返還した。これに対して、賃借人Xは住宅復旧費として控除された28万3368円分の敷金の返還を求めて提訴した。


2 判決の要旨

これに対して裁判所は、
(1)賃借人は、通常損耗について原状回復義務を負うとの特約がない限り、特別損耗(「通
   常損耗」を超える損耗)についてのみ原状回復義務を負うと解するのが相当である。

(2)賃借人が賃貸借契約終了時に賃借物件に生じた特別損耗を除去するための補修を行った
   結果、補修方法が同一であるため通常損耗をも回復することとなる場合、当該補修は、
   本来賃貸人において負担すべき通常損耗に対する補修をも含むこととなるから、賃借人
   は、特別損耗に対する補修金額として、補修金額全体から当該補修によって回復した通
   常損耗による減価分を控除した残額のみ負担すると解すべきである。

(3)本件クロスの変色は喫煙によるタバコのヤニが付着したことが主たる原因であり、クロ
   スの洗浄によっては除去できない特別損耗である。本件変色の補修はクロスの全面張替
   えによるしかないが、賃借人Xは補修金額としてクロスの張替え費用から本件クロスの
   通常損耗による減価分(減価割合90%)を控除した残額を負担することとなる。

(4)床の削れが特別損耗であることは争いがなく、その補修方法はタッチアップによる方法
   が相当である。この補修では、賃借人Xによる毀損部分(特別損耗)のみの補修となる
   ため、賃借人Xがその全額を負担すべきである。

(5)本件賃貸借契約上、本件住宅内での喫煙は禁止されていないから、賃借人夫婦が本件住
   宅内で喫煙したこと自体は善管注意義務違反とはならない。タバコのヤニの付着につい
   ては管理について善管注意義務違反が認められる余地があるものの、これによって賃貸
   人に生じる損害は、上記の賃借人が負担すべき補修金額と同額であるというべきであ 
   る。

(6)以上から、敷金残金25万3298円の返還を認めた。

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 引き取り手が無く困っている遺骨、骨壷について

 生前に用意する死後の挨拶状自分の死後、親しい方へと自分の言葉で感謝の気持ちを伝える新しい作法「生前に用意する死後の挨拶状」について

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件での自殺に関する質問集

 賃貸物件で自殺や孤独死が起きた場合の対処法 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 退去立会いサービス実施中! 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

 まだ使えるのにもったいない。相続バザーへのご寄付のお願い

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

名古屋商工会議所の一員です。

名古屋商工会議所 第八行政書士事務所
第八行政書士事務所は名古屋商工会議所の一員です。

ページの先頭へ