生前に用意する死後の挨拶状

自分の死後に家族や友人に感謝の言葉を伝えたい方へ

家族葬の広まりでお世話になった方々とのお別れの場が減少しています。

近年、家族葬と呼ばれる近親者だけで行う葬儀が広まってきています。それに伴って香典の辞退や参列者の数の減少と続き、葬儀自体が故人と家族の間だけで行われる様式になってきています。

それに伴って、ご友人の方が本人が亡くなっているという事に数年後に気づいたという事も珍しくなく、遠方に住んでいる友人や生前お世話になった方々が本人が亡くなった事を知らずに線香の一本もあげずに何年も経ってしまった事に罪悪感を感じていらっしゃるというケースが増えてきました。

もちろん、本人や家族の希望で家族葬を選択したうえでの事ですから、ご友人の方などが本人の死亡を知らなかったことに対してなんら罪悪感を感じる必要はないことです。

それでも、やはり最後のお別れ、例え墓前であってもなるべく早くに挨拶をしておきたいと思うのが日本人ですよね。

生前に自分で家族や友人、お世話になった方々へ挨拶状を用意するということ

上記のような問題はここ最近増えてきた近親者だけでの葬儀に人気が出てきたことによって起きてきた問題でもあります。

最近は葬儀の参列者への挨拶や香典返しの準備などを煩わしいと感じる方も多くなってきており、できるだけシンプルに他人への連絡なども少なく葬儀を終えてしまいたいという要望が強くなってきています。

亡くなった本人としては、この方やこの人は生前お世話になっていたから連絡だけはしてもらいたいと思っていたとしても、家族にとってはご本人とご友人との付き合いについては知らないことも多く、結局は誰にも連絡せずに身内だけでの葬儀となってしまうことも少なくありません。

また、ご本人の一番の希望としては、葬儀に参列して欲しい訳ではなく、生前のご厚情に対する感謝の気持ちをご友人やお世話になった方々へと伝えたいというのが本当の想いなのではないでしょうか。

そういった家族やご友人、生前お世話になった方々へ自分が亡くなった後でも感謝の気持ちを伝えることができるのが「生前に用意する死後の挨拶状」(天国からのご挨拶)となります。

自分の死後に感謝の気持ちを伝えるにはどんな方法がある?

自分の死後に感謝の気持ちを伝える方法はいくつかあります。

相続において代表的な物は遺言書ですよね。相続においてこの遺言書はとっても重要なものであり、用意しておくのとしないとでは家族へ与える影響は大きく違ってきます。

しかし、遺言書の主な目的は故人の財産の分け方などであり、家族や友人へ宛てるメッセージとしての役割はそれほど大きくはありませんし、遺言書へご友人への感謝の言葉を綴られるというケースは稀なのではないでしょうか。(家族へのメッセージは良くありますが、、)

次にエンディングノート。ここ数年で利用者も増えてきた自分の財産の所在や葬儀の希望、友人らへ宛てたメッセージなどを書き込むことができるノートですね。終活と呼ばれる言葉と共に普及してきた物で、遺言書のような法律的な効果はありませんが故人の希望を確認するのには非常に役に立つノートです。

その他の方法としては、ビデオメッセージや生前葬などを利用して、葬儀の際に事前に準備しておいたメッセージを流してもらったり、自分が元気な内に生前葬としてホテルなどでの会食の場を設けて親戚や友人らへ元気な内に感謝を伝えるというイベントも最近は行われてきているようです。

これらの方法に加えて当事務所が提案するのが「生前に用意する死後の挨拶状」(天国からのご挨拶)です。

生前に用意する死後の挨拶状とは

生前に用意する死後の挨拶状とは簡単に言えば、自分が亡くなった後に家族やお世話になった方、ご友人の方などへと手紙を送るというものです。

問題は自分は既に亡くなってしまっているのですから、手紙の作成と発送を行うことができないということです。

でも、想像してみてください。もしあなたのご友人が亡くなった後、数ヶ月または一周忌の頃に亡くなったはずのご友人から、昔の思い出やこれまでのお付き合いに対する感謝の気持ちが綴られたお手紙が届いたとしたら。

ご友人を失ったことに対する悲しみが思い出されることもあるでしょうが、それ以上にご友人との出会いや思い出、そしてこれまでの楽しかった記憶が思い出されて幸せな気持ちが溢れてくるのではないでしょうか。

もちろん、ご友人やお世話になった方々だけではありません。この感謝の気持ちを綴った手紙を家族へ宛てることももちろん出来ますよね。

長年連れ添ってきた旦那様や奥様へ宛てた感謝の手紙。お子様へと宛てた家族になってくれてありがとうの気持ち。

お孫様などへ宛てたこれからの人生に対する励ましや応援の気持ちを綴った手紙など、自分は既にこの世にはいないけど、「ずっと見守っている」「愛している」という気持ちを届けることは不可能ではありません!

死後の挨拶状の具体的な利用方法

生前に用意する死後の挨拶状は決して難しいものではありません。方法としては、元気な内に送りたい相手を選んで、手紙を事前に用意しておく。そして、自分が亡くなった後にその発送手続きをしてもらえるように頼んでおくだけです。簡単ですよね。

注意点としては、まずは手紙の内容。自分の死後に送られる手紙ですので、手紙の内容としては感謝の気持ちなどを綴った物としましょう。

恨み言や病気の苦しさを訴えるような手紙はNGとなることもあります。ただ、病気を通しての気持ちの変化やその療養中の看護やお見舞いに対する感謝の気持ちを表す上で病気の内容に触れるのは問題ないかと思います。

次に相手に手紙が届く時期。あくまで個人的な意見ではありますが、基本的にめでたい日は避けた方がいいと考えます。

お正月などに死後の挨拶状が届いた場合、受け取った本人は懐かしい思い出として受け止めてくれるでしょうが、そのご家族にとっては死者からの手紙と受け止められてしまう可能性もありますので配慮が必要です。

一周忌や相手との付き合いに合わせた思い出の日などに出されるのが良いのではないかと考えます。

最後に発送方法について。ご友人などに出される場合は基本的にはご家族の方へ「自分が死んだらこの手紙をいついつに出してくれ」といった感じで頼まれると思いますが、ご家族が忘れてしまわないような対策が必要ですね。

第八行政書士事務所では「生前に用意する死後の挨拶状」の手続きのお手伝いをいたします

「生前に用意する死後の挨拶状」(天国からのご挨拶)は決して難しいものではありません。しかし、家族へ宛てた手紙を出したい場合などには家族に手紙の発送を依頼するわけにはいきませんし、ご友人に頼もうにも迷惑になってしまう可能性があったりして心苦しいものですよね。

そこで、第八行政書士事務所では「生前に用意する死後の挨拶状」の作成及び発送のお手伝いをしております。

家族へ宛てた手紙や家族へ負担を掛けたくないといったご事情、又はちょっといたずら好きな方からの最後のサプライズをしたいといった要望などがあれば当事務所がお手紙の保管及び指定日での発送を行いますので、死後の挨拶状を利用したいとお考えの場合はご相談くださいね。

死後の挨拶状代行サービス利用料

作成・相談料保 管 料発 送 費 用
初回-無料10,000円/年無 料
2回目以降 5,000円/時

※郵便での発送ではなく、手渡しをご希望の場合は費用が発生いたします。

遺言書との同時作成をお勧めします。

生前に用意する死後の挨拶状を確実に相手へと届ける為には、手紙を預かっている方が本人の死亡を知ることがまず第一となります。

ですので、遺言書を作成する際に手紙を保管されている方を遺言執行者に指定しておくことで、財産を整理する際に必ず遺言執行者へと連絡がいくこととなり、手紙の発送忘れを防ぐことができます。

遺言書の作成については「
遺言作成相談支援」のページをご確認ください。

身寄りの無い方や家族と疎遠の方の死後の手続き(葬儀・遺品整理・役所での手続き等の代行)については「死後事務委任」のページで解説しております。

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 引き取り手が無く困っている遺骨、骨壷について

 生前に用意する死後の挨拶状自分の死後、親しい方へと自分の言葉で感謝の気持ちを伝える新しい作法「生前に用意する死後の挨拶状」について

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件での自殺に関する質問集

 賃貸物件で自殺や孤独死が起きた場合の対処法 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 退去立会いサービス実施中! 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

 まだ使えるのにもったいない。相続バザーへのご寄付のお願い

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

名古屋商工会議所の一員です。

名古屋商工会議所 第八行政書士事務所
第八行政書士事務所は名古屋商工会議所の一員です。

ページの先頭へ