香典に関する疑問

香典が余った場合の取り扱いについて

葬儀費用を差し引いても香典が余りました。どうすればいいのでしょう?

日本の葬儀はとにかく費用が掛かります。最近は家族葬なども人気で葬儀にかけるお金は減少傾向になっているとも思われますが、その反面家族葬などでは香典を辞退する場合も多いので、葬儀費用を差し引いて香典が余るという場合よりは、香典だけでは葬儀費用は賄えない場合の方が多いのではないでしょうか。

それでも故人の生前の身分や人との付き合いによっては多額の香典も集まり、葬儀代やその他の費用を支払ってもなお残余が出るといったこともあります。

では、この余った香典はどのようにすればいいのでしょうか?
香典は相互扶助の考えから、葬儀費用などの遺族の負担を減らすべく喪主に贈られたものと考えられています。ですので、基本的に残余が出た場合は喪主の方がそのまま預かり、その後のお寺へのお布施や花代などの祭祀費用に当てられているのが一般的かと思われます。

ですので、香典は原則喪主へ贈与されたものでありますから、残余が出たからと言って必ずしも相続人で分けなければならないものではありません。もちろん、話し合いの上で分配されることはなにも問題はありません。

ただ、喪主への贈与と考えられるからといって、葬儀費用を故人の残した相続財産から支出した上で、香典だけを喪主が受け取るとなると、本来相続財産は相続人で分けるものですから、そこから葬儀費用を出したとなると葬儀費用を喪主ではなく相続人全員で負担したこととなります。

ですので香典が喪主の負担を減らすべく贈られたものと考えられている以上、葬儀代に当てなかった香典を喪主が全部受け取ってしまうというのは問題があるかもしれません。

葬儀費用を誰が支払うのかは法律では定まってはいませんので、葬儀費用に故人の財産をあてるのか、香典を当てるのか、それとも相続人がそれぞれ負担するのかは事前に良く話し合う必要があるでしょう。

喪主への贈与と考えられていない香典や弔慰金については
そもそも香典って相続財産なの?」のページをご参照ください。

香典が喪主への贈与なら、贈与税の支払いが必要ですか?

香典も多額になってくると心配になるのが税金の問題です。香典は喪主への贈与と考えられていますから贈与税がかかるの?と心配になりますが、ご安心ください。香典は非課税扱いですので喪主の方が後から贈与税を支払わなければならないということにはなりません。

この事は国税上ホームページで贈与税がかからない場合として次のように記載されています。
◆香典、花輪代、盆暮のお中元やお歳暮、お祝金、お見舞金などで、社会通念上相当
(社交上常識的な範囲内のもの)と認められるもの

税金がかからないからといって、香典の名目で多額のお金を喪主へ贈ろうとは思わない方がいいでしょう。上の記載にもありますように、「社会通念上相当」と認められるものとなっていますので、香典だからといってあまり露骨に多額の金銭を渡した場合は税務署からチェックが入るかもしれませんのでご注意ください。

このページをご覧になられた方は次の項目も参照されています。

そもそも香典って相続財産なの?
葬儀費用を故人の預金から出しても大丈夫?
香典だけでは葬儀費用が足りませんでした。その費用は誰が払うのでしょう?

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 引き取り手が無く困っている遺骨、骨壷について

 生前に用意する死後の挨拶状自分の死後、親しい方へと自分の言葉で感謝の気持ちを伝える新しい作法「生前に用意する死後の挨拶状」について

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件での自殺に関する質問集

 賃貸物件で自殺や孤独死が起きた場合の対処法 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 退去立会いサービス実施中! 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

 まだ使えるのにもったいない。相続バザーへのご寄付のお願い

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

名古屋商工会議所の一員です。

名古屋商工会議所 第八行政書士事務所
第八行政書士事務所は名古屋商工会議所の一員です。

ページの先頭へ