遺言があるのと無いのとではこんなにも違う!

遺言なんてしてなくても、家族が上手に分けてくれるだろう。
相続分は法律で決められてるんでしょ?ならそれに従って分ければいいじゃない。
分けるほどの財産もないんで、遺言なんて必要ないない。

なんて思っていませんか?

遺言書があったらこんなトラブル避けれたのにという状況はたくさんあります。
そんな一例をあげてみますので、遺言の大切さをもっと知ってくださいね。

例)お子さんのいない夫婦二人での生活、自宅のローンも払い終わり贅沢を
  しなければ年金で穏やかに過ごせる予定のご夫婦の場合。

ある時、突然ご主人が心筋梗塞でなくなりました。

悲しみの中、奥さんはご主人の葬儀を終え無事送り出して今後の事を考えています。
そんな時、ご主人のご兄妹が現れて、遺産の分配を求めてきました。

年金暮らしの夫婦でしたのでまとまった現金もなく、奥さんはやむなく自宅を売り、
そのお金を遺産の分配にあて、自分は市営の団地へ引っ越すことに、、、、、、、、

こんな悲しい結末はご主人の奥様への気配りがあれば防げたかもしれません。
そう、それは遺言書です!

もし、遺言があればご主人の葬儀を終えたあと、ご主人の荷物から「遺言書」がみつかり、その内容として一言こんなふうに書いてあったとします。

「妻○○に(生年月日、住所)に全財産を相続させる」

もし、この一言があれば、奥さんはご主人のご兄弟に遺産を分ける必要もなく、
家も貯金も失うことなく、ご主人との思いでの溢れる我が家で楽しく老後を過ごせたことでしょう。

では何故遺言のあるなしでこんなにも結果が変わってしまったのでしょう?
それは「遺留分」という制度にあります。

遺留分とは、残された家族に最低限の生活を保証するために定められた制度であります。
簡単な例をあげれば、スナックのママに全財産をあげるといった内容の遺言をご主人が残していたとしても、一定の割合の金額は必ず相続人に残されるということです。

つまり、遺言があったとしても全財産を残された家族の生活をかえりみず好き勝手に
他人にあげたりはできませんよってことです。

あれ?全財産取り返せるんじゃなかったら結局はご主人が遺言をしてても、奥さんの自宅や貯金取は兄弟に取られちゃうんじゃないの?

そう考えるの自然ですね。でも大丈夫!
遺留分を行使する権利は故人の兄妹には認められていない為、ご兄妹が遺留分を主張して
奥さんから遺産の分配を求めることは出来ないと法律で決まっています。

ただ、この遺留分を主張させない方法もご主人が遺言をしていなければ効果を発揮しません。遺言書のあるなしで残されたご家族のその後が大きく変わることがあります。


思いやりや気配りのひとつで大切な家族を守ってあげられるかもしれません。

   一言遺言してみませんか?
遺言についてもっと詳しく知りたい方はこちら


※上記の例は遺言が無かった場合に起きる事例をわかりやすくする為に単純な記載方法をしております。
 実際の遺言が有効となる為には法に定められた方式を遵守する必要がございます。

遺言書作成にかかる費用の目安

公正証書遺言
 業務内容 報酬額
(税込)
備 考
公正証書遺言作成
サービス一式

108,000円

公正証書遺言の説明~作成の完了までお手伝いします。公証人役場への支払う実費は別途必要となります。

上記サービスには次の内容が含まれます。
・公正証書遺言作成基本料金(86,400円)
・公証人との打合せ→(21,600円)
・証人手配(2名)→(10,800円)×2=21,600円
   ※証人をご自身でご用意できる場合は不要。
 ※( )の料金は個別でご依頼頂いた場合の料金となります。
自筆証書遺言
業務内容 報酬額(税込) 備 考
自筆証書遺言の起案・作成
サービス
54,000円~ 希望される遺言内容の聞き取り及び原案の作成をお手伝いいたします。
自筆証書遺言内容確認
サービス
21,600円 ご自身で作成された遺言の記載内容を
当事務所で確認及びアドバイスを行います。
その他報酬一覧
業務内容 報酬額(税込)
公正証書遺言の作成(セット) 108,000円+公証人役場への支払い実費
公正証書原案 86,400円
証人手配(2人分) 21,600円
公証人との打ち合せ 21,600円
自筆証書遺言の起案・作成支援 54,000円+戸籍取寄等の実費
自筆証書遺言の内容確認サービス 21,600円
財産目録の作成(相続財産の調査) 32,400円~
法定相続人の調査 32,400円~(相続人が4人以上の場合は5人目から
           1人あたり5,400円追加)
遺産分割協議書の作成 54,000円~
遺産分割協議書の内容確認サービス 21,600円
遺産分割協議調整 21,600円(半日の日当)
遺言執行手続き 108,000円+遺言書記載評価額の2%
各種財産名義変更手続き代行 32,400円×金融機関・行政機関件数
相続人関係図の作成 10,800円~
遺留分減殺内容証明郵便 32,400円
各種書類の取得代行 3,240円×必要枚数
内容証明 32,400円~
自動車登録・変更 9,720円~

※実費とは戸籍謄本等の所得にかかる手数料となります。
 ・戸籍謄本、住民票の取得などで役所に支払う手数料 
 ・交通費、郵送代、切手代 など
実費につきましては業務終了後にご請求させて頂きます。

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 引き取り手が無く困っている遺骨、骨壷について

 生前に用意する死後の挨拶状自分の死後、親しい方へと自分の言葉で感謝の気持ちを伝える新しい作法「生前に用意する死後の挨拶状」について

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件での自殺に関する質問集

 賃貸物件で自殺や孤独死が起きた場合の対処法 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 退去立会いサービス実施中! 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

 まだ使えるのにもったいない。相続バザーへのご寄付のお願い

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

名古屋商工会議所の一員です。

名古屋商工会議所 第八行政書士事務所
第八行政書士事務所は名古屋商工会議所の一員です。

ページの先頭へ