公務員の副業禁止に関する疑問

公務員は不動産賃貸をすることが出来ない?

公務員の方が相続した土地や建物を人に貸して賃料収入を得るのは副業にあたるのか?

公務員の皆様いつもお仕事お疲れ様です。

相続財産として不動産を相続される公務員の方はたくさんいらっしゃると思われます。相続した不動産を自分で利用したり、売却する場合などは特に悩む事もないでしょうが、公務員の方が疑問に思われる事柄として、相続した不動産を人に貸して賃料収入を得た場合、それは副業にあたるのか?ということです。

公務員に限らず一般企業でも就業規則等で副業を禁止している所は多いですが、公務員の場合は法律で明確に禁止されており、人事院の承認無くして副業を行った場合は罰則があります。

でも、不動産を相続するなんてことはごくごく当たり前に起こることなのに公務員だからといって、全て禁止されていたら困りますよね。その辺について解説していきます。

不動産賃貸をする場合に公務員で禁止されている副業にあたるのはどんな場合?

公務員の方は国家公務員法103条や地方公務員法38条によって職務専念義務が課せられていますので、原則副業は禁止となります。しかし、職務に影響の無いものや営利性の低い副業については例外的に認められています。

では、相続した不動産を賃貸物件として人に貸して賃料収入を得るのは例外として認められるのでしょうか?

これについては「人事院規則14-8(営利企業の役員等との兼業)の運用について」が参考となります。この規則によると下記の場合には「自ら営利企業を営むこと」(副業)に該当するとされています。

(人事院規則14-8の不動産に関する部分のみ抜粋)
不動産又は駐車場の賃貸にあっては次のいずれかに該当するときは、自営に当たるものとして取り扱うものとする。(自営=副業)

不動産の賃貸が次のいずれかに該当する場合
イ、独立家屋の賃貸については、独立家屋の数が5棟以上であること。
ロ、独立家屋以外の建物の賃貸については、貸与することができる独立的に区画され
  た一の部分の数が10室以上であること。
ハ、土地の賃貸については、賃貸契約の件数が10件以上であること。
ニ、賃貸に係る不動産が劇場、映画館、ゴルフ練習場等の娯楽集会、遊技等のための 
  設
を設けたものであること。
ホ、賃貸に係る建物が旅館、ホテル等特定の業務の用に供するものであること。

駐車場の賃貸が次のいずれかに該当する場合
イ、建築物である駐車場又は機会設備を設けた駐車場であること。
ロ、駐車台数が10台以上であること。

不動産又は駐車場の賃貸に係る賃料収入の額(これらを併せて行っている場には、これらの賃料に係る賃料収入の額の合計額)が年額500万円以上である場合。

上記の内容に該当するような場合は副業に該当するとされ、公務員の方は原則禁止されることとなります。

ですので、反対に言えば上記に該当しない小規模の不動産賃貸なら副業には当たらないと考えられますので公務員の方であっても、相続した土地や建物で賃料収入を得る事は可能と一般的には考えられています。

※上記の規則に該当するような大規模な場合でも、管理を不動産会社に任せる方法があり
 ます。

公務員の方が不動産賃貸する場合の注意点

上記で述べたように、一定規模以下の不動産賃貸なら公務員の方でも人事院の承認等なくても行えると考えられます。

しかし、人事院規則14-8の規定は該当する不動産又は駐車場の賃貸は副業に当たるとするもので、該当しないからといって必ずしも副業に当たらないと言っているわけではないことにご注意ください。

また、この規定は国家公務員に関する規定ですので、地方公務員の方にも必ずしも当てはまるとは言えません。地方公務員の場合は各自治体によって独自に規則が定められている場合がありますので注意が必要です。

これから不動産の賃貸借を行って行こうと思っていらっしゃるなら、規模の大小に関わらず承認等が必要な場合がどうかは必ずご自身で
確認しましょう!

にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ ブログの内容が面白ければ1clickして頂けると励みになります!
にほんブログ村

故人の財産調査でお困りならご相談ください。

第八行政書士事務所では遺品整理・死後事務専門の行政書士として、遺品整理を通しての財産調査を専門に行っております。

財産調査を行う一番良いタイミングは遺品整理の時であり、反対に言うと遺品整理を終えてから財産調査を行おうと思っても、大事な資料を破棄していたなどでなかなか思うように進まないケースもございます。

第八行政書士事務所の遺品整理では専門家が直接遺品整理の現場で資料を確認しながら作業を進めるので、一般の遺品整理業者が保管して取っておく重要書類以上の確かな財産資料を発見することが可能となります。

遺品整理と財産調査でお困りなら、遺品整理・死後事務専門の第八行政書士事務所へお任せ下さい!
財産整理・遺産整理業務のご案内について

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 
 おひとり様の安心を見守る
 死後事務支援協会

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について

 財産整理・遺産整理業務
遺品整理からプロに任せる
財産整理・遺産整理業務のご案内


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件での自殺に関する質問集

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

 まだ使えるのにもったいない。相続バザーへのご寄付のお願い

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

ページの先頭へ