特別の寄与料請求権って何?

相続人以外の方の特別の寄与に対する請求権を認める「特別の寄与料請求権」

平成30年の民法改正により、「特別の寄与料請求権」が新たに創設されました。この新制度は従来の「寄与分」制度下では相続人にしか認められていなかった故人への貢献に応じた財産の分配を相続人以外の方も請求できるようにしたものです。
※平成31年7月1日~施工

「特別の寄与料請求権」が出来て何が変わる?

従来の寄与分制度では相続人にしか認められていなかった、故人への貢献に対する財産請求が相続人以外にも認められるようになります。

これまでの「寄与分」制度では、故人の療養看護や事業などへの労務提供など、故人の財産を維持、増加に相続人以外の方がどれだけ献身的に勤めても、相続の分配では考慮されることはありませんでした。

ですので、長男のお嫁さんが、義理の父の療養看護に献身的に勤めてもそれが長男の相続分に影響を与えることは原則ありませんでした。

こうした不公平を是正する為に新設されたのが「特別の寄与料請求権」となります。

具体的な特別寄与者になれる人は?

特別寄与料を請求できる具体的な人は、被相続人(故人)の相続人ではない「親族」と定められています。

「親族」とは、配偶者、6親等内の血族、3親等内の姻族となります。ですので、長男のお嫁さんや連れ子で養子縁組をしていない配偶者の子などがその対象となります。

特別寄与者は誰にどうやって請求するの?

特別寄与者は相続人に対して請求することとなります。相続人の方は法定相続分又は指定相続分に応じて特別寄与料を負担することとなります。

ただ、特別寄与料に関してはまず協議で特別寄与料が認定されなければならず、当事者間で協議が調わないとき、又は協議ができないような時は家庭裁判所に対して協議に代わる処分を請求することとなります。

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 
 おひとり様の安心を見守る
 死後事務支援協会

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 引き取り手が無く困っている遺骨、骨壷について

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件での自殺に関する質問集

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

 まだ使えるのにもったいない。相続バザーへのご寄付のお願い

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

ページの先頭へ