第八ブログ

2018.05.08

同性パートナーの方々が法律婚と同様の結果を得るにはどうすればいいのか?

 おはよございます。名古屋の遺品整理・特殊清掃専門の第八行政書士事務所の谷です。

G・Wも終わり夏へと突入しそうな天気ですが、その前に梅雨があるんですよね、、、、。夏は嫌いじゃないですが、梅雨は苦手です。気温の寒暖差もありますので、体調管理には気をつけてくださいね。

さてさて、先日こんなニュースを見ました。同性パートナーの遺産を巡って故人の親族に対して慰謝料を請求する裁判のニュースです。

昨今は同性婚に限らず、事実婚やLGBTの方々の問題といった従来の民法では法律婚のような権利や保護が認められない問題がでてきています。

また、今回の問題のように同性パートナーの場合ですと、親族との間での揉め事、例えば入院中のパートナーの御見舞いに行こうとしても親族に面会を拒否されたり、葬儀への参列を拒否、パートナー死亡後にパートナーと築きあげてきた財産が相続人ではないとして全て故人の親族へと行ってしまうなど、故人が望んでいたであろう状況とはかけ離れた結果になってしまっていることがあります。

これらの問題は婚姻は男女間で行うものという従来の考えに基づいて民法が制定されているのはもちろんですが、まだまだ、同性カップルやパートナーといった方々が少数派であり、周りの多数に圧倒されてしまい声をあげづらい環境である為かと思われます。

そんな中で同性婚の是非を巡っての裁判というのは問題提起としては非常に重要であり、その思い切った選択をされた原告の方には頑張っていただきたいと思わずにはいられません。

では、同性カップルやパートナーといった方々の今後については裁判を見守ることとして、実際問題としてどのようにしておけばよかったのか?裁判を起こさなくても済む方法はなかったのか?ということを考えてみたいと思います。

法律婚という壁
現在の日本では男女間での結婚である法律婚が一般的であり、同性婚や事実婚にはまだまだ理解が乏しく、また法整備も諸外国のようには進んではいません。

ですので、いざ何か問題起きたとしても病院では「家族以外にはお話しできません」と言われたり、世間体を気にして家族からは入院中の面会や葬儀への参加を拒否されてしまうといったことが起きてしまいます。でも、当人同士、とりわけ故人となった方の意思はどうだったでしょうか?

もちろん家族間の愛情もあったと思われますが、故人の望みとしては長年連れ添ってきたパートナーに最後をお願いしたいと考えるのは男女のパートナーであろうと同性のパートナーであろうと違いはないはずです。

ただ、今の日本では法整備が追いついておらず、法律婚という婚姻届という紙を出しているかいないかの違いで扱いが大きく変わってしまう結果となっているわけです。では、こういった問題に何か対策はないのでしょうか?

事前の準備で法律婚と変わらない状況を作ることは可能

婚姻届というものは凄いもので紙切れ一枚ですが、それを提出することで「他人」が「家族」になるという効果が表れます。

あたり前のことのように感じますし、これまで連綿と続いてきた制度ですのでなんら疑問に感じることもないかもしれませんが、日本の制度は「家族」という単位を基本に色々な制度が作られているので、同性カップルやパートナーにはこのあたり前の制度が大きな壁として立ちはだかっているわけです。

では、同性のカップルやパートーナーでも婚姻届と同じ効果を得られる代替手段はないのでしょうか?結論からいうとあります。

ただ、婚姻届のようなオールインワンの手段ではないので、いくつかの書面を作ることで結果的に婚姻届と同等な効果を期待できるという方法です。

例えば、生前の問題として、様々な法律的な手続きや入院だったり、財産の管理といった場面では手続きに応じて委任状を作成したり、また、包括的な財産管理委任契約をお互いに結んでおくことで対応できますし、万が一認知症などになる恐れを心配されるのでしたら、パートナーを受任者とした任意後見契約を結んでおくことで対応は可能です。

また、死後の問題、特に財産の承継については遺言書、葬儀や遺品整理といった財産以外の問題については死後事務委任契約を結んでおくことで対処可能となります。

いずれも、契約書や遺言書といった形で書面に残すこととなり、婚姻届のように自動的に全ての権限が認められるという訳にはいきませんが、事前の準備は可能ということですね。

遺言書や各種委任契約は本人の意思で自由にその内容を決めることができますので、パートーナーに求めることを形にしておくことで、自分の想いと、そしてパートナーの今後の生活を守ることにも繋がりますので、同性パートナーや事実婚で生じる問題でお悩みの場合は準備しておくに越したことはないでしょう。

任意後見契約や遺言書などでは公正証書でないとダメなものや、公正証書か自筆証書かで効果が変わってくる物がありますので、婚姻届のように役場でサラサラと書けるものではありません。

もし、今後の二人について真剣に考える際には専門家にご相談の上で準備をしていくことをお勧めします。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«5月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 
 おひとり様の安心を見守る
 死後事務支援協会

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 引き取り手が無く困っている遺骨、骨壷について

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件で自殺や孤独死が起きた場合の対処法 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 退去立会いサービス実施中! 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

ページの先頭へ