よくある質問リスト

 行政書士事務所の職員が遺品整理の作業をされるのですか?

 どの地域までが対応エリアなのでしょうか?

 土日・祝日でも作業はしてもらえますか?

 市外だと作業代金は割高になりますか?

 遠方で立ち会えないんだけどまずは見積もりだけでもしてもらえますか?

 遺品整理を行ってるとご近所に知られちゃいますか?

 一部屋分だけ片付けたいんだけど、少量でも頼めますか?

 ゴミ屋敷みたいになっているんですけど・・・

 自分達はどこまで片付けておけばいいのでしょうか?

 遺族が事前にやっておくべきことはありますか?

 一緒に確認しながら作業してもらうことってできますか?

 グランドピアノがあるんだけど搬出できますか?

 日本刀や猟銃が出てきたんですがどうすればいいのでしょう?

 遺言書が出てきたのですがどうすればいいのでしょう?

 相続放棄する予定だけど、部屋は家族で片付けなければいけないの?

 事故現場(自殺・孤独死など)で近隣から苦情がきてる、
でも相続放棄する予定だけど、片付けてもいいの?

 大家から多額の現状回復費を請求されている、どうすればいいのか?

自殺や孤独死の問題に親身になって相談に乗ってくれる弁護士の先生を紹介
     してもらえませんか?

 賃貸物件の大家ですが入居者が高齢者ばかりになっており事故が起きた場合が心配
    です。何か対策はありませんか?

 仏壇や神棚があるのですが、自宅に引き取る事ができません。どうすればいいです
        か?

 長年疎遠になっていた親族の遺骨が出てきた場合はどうすればいいのでしょうか?

 長年住み続けていたので、供養してから遺品整理をお願いしたいのですが?

 家財の搬送、形見分け配送をお願いしたいのですが・・・

 故人が生活保護を受けていましたが、こういった場合の費用はどうなるのでしょ
        う?

 故人が買っていたペットがいるのですが?

 浄化槽の汲み取りが必要なんだけど?

 リフォーム、不動産売却、解体、名義変更、廃車手続などたくさんやる事があって
        困っています。

 遺品整理ではなく、長期入院、施設入所に伴う部屋の片付けなどでも作業はしても
          らえますか?

よくある質問Q&A

行政書士事務所の職員が遺品整理の作業をされるのですか?

はい、その通りです。当事務所は長年遺品整理に携わってきたベテランスタッフを中心にして、現場作業で特に要望の多かった相続問題と不動産トラブルに対処する事を目的として開設された遺品整理専門の行政書士事務所となります。

国家資格である行政書士が、お部屋の片付けにかかる費用の見積もりから、実際の作業現場での作業及び監督、集金を行い、アフターサービスとしての相続に関する書類作成や相談などに応じる事により、遺品整理はもちろんの事、遺品整理に伴って発生するあらゆる悩み事の解決までをお手伝いします。

見積もりに伺う行政書士は長年遺品整理を行ってきたベテランスタッフですので安心してお任せください。 

お部屋の片付けの無料見積りの時から相続や不動産の売却などに関する相談にもお答えできますので、たくさんの法律事務所を廻る必要もなく時間の節約にもなりとっても経済的です。お気軽にご相談ください。                      

                                    ▲よくある質問リストへ戻る

どの地域までが対応エリアなのでしょうか?

名古屋を中心に東京・大阪など全国対応しております。詳しくはお電話でご確認ください。

▲よくある質問リストへ戻る

土日・祝日でも作業はしてもらえますか?

急な遺品整理にも対応できるよう土日・祝日はもちろん年中無休で営業しております。
お急ぎの場合はお電話にてご連絡ください。

▲よくある質問リストへ戻る 

市外だと作業代金は割高になりますか?

愛知県全域及び東海3県の対応エリア内でしたら、どの地域でも見積もりは無料、作業代金も一律となっておりますのでご安心ください。東海三県を越えて静岡・東京・大阪なども対応しておりますが、県外対応の場合は出張費をご請求させて頂く場合がございます。まずはお電話でご相談ください。

▲よくある質問リストへ戻る 

遠方で立ち会えないんだけどまずは見積もりだけでもしてもらえますか?

遺品整理の現場から離れてお住まいの場合は、鍵の事前受け渡しや家主に立会いを代行して頂くなどして見積り及び作業を進めていく事も可能です。詳細はお電話の際にご説明させて頂きます。

▲よくある質問リストへ戻る 

遺品整理を行っているとご近所に知られちゃいますか?

当事務所の作業は外観上、引越しや不用品の処分のように見えるようになっております。使用する車両などにも「遺品整理」や「行政書士事務所」などの文言はありませんのでご安心ください。

▲よくある質問リストへ戻る 

一部屋分だけ片付けたいんだけど、少量でも頼めますか?

もちろん大丈夫です。お荷物の量に合わせた人員や作業時間をご提案させて頂きます。

▲よくある質問リストへ戻る 

ゴミ屋敷みたいになっているんですけど・・・

一般的にゴミ屋敷と言われるお部屋ほどお任せください。過去の経験上、物が溢れているお部屋はその物量を購入する資金があることが前提になりますから現金類が散乱している場合が数多く見受けられます。そのようなお部屋ほど、細かな確認を行った上での貴重品の仕分けが大事となります。時間は掛かるかもしれませんが丁寧な作業を行ってまいります。

▲よくある質問リストへ戻る

自分達はどこまで片付けておけばいいのでしょうか?
当事務所の作業は生活されていたままの状況のお部屋を片付ける事を主業務としておりますので、ご遺族の皆様で特に片付けを行って頂く必要はございません。

ただ、事前に分かっている範囲での貴重品や持ち帰られる品物などを取り分けておいて頂けると作業がより安全なものとなります。

また、ある程度片付けが済んでいるお部屋は作業時間が短縮されますのでその分料金がお安くなることもございます。詳しくはお電話でご確認ください。

▲よくある質問リストへ戻る

遺族が事前にやっておくべきことはありますか?
簡単に見つかる範囲での貴重品の仕分けやご近所への挨拶(スタッフも同行します)などをして頂けると作業がよりスムーズとなります。

また、ガス器具の取外しがある場合はガスの停止をお願いします。水道と電気につきましては作業当日の清掃にて使用させて頂きますので、作業完了後に停めて頂くようにお願いします。

▲よくある質問リストへ戻る

一緒に確認しながら作業してもらうことってできますか?

どのようなご依頼内容でもそれに合わせて作業の段取りを取らせて頂きますのでご安心ください。荷物はすくないけど、確認作業に時間がかかりそうで他の業者では待機時間のために大きな費用がかかりそうな場合でも柔軟に対応しております。

▲よくある質問リストへ戻る

グランドピアノがあるんだけど搬出できますか?

グランドピアノやアップライトピアノなどは専門の業者を手配して安全に搬出いたします。
ピアノにつきましてはメーカーや年式などにより買取対象にもなりますのでご相談ください。

▲よくある質問リストへ戻る

日本刀や猟銃が出てきたんですがどうすればいいのでしょう?

遺品整理の現場では日本刀や散弾銃などが出てくる場合がございますが、その他の物と一緒に処分してしまうわけにはいきません。詳しくは下記のような手順を踏む事になりますが、まずはご相談頂ければと思います。

【日本刀が出てきた場合】
まず日本刀が出てきた場合に最初にする事はその日本刀に付されているはずの「登録証」があるかどうかを確認してください。

もし、なかったとしても(または紛失していた場合も同様)慌てなくて大丈夫です。その場合はその日本刀を発見した住所地を管轄する警察署へ「発見届け」をしてください。「登録証」がある場合は居住地の教育委員会へ所有者の変更届けや住所変更届けを行いましょう。

日本刀なんて怖いから処分したいという方は所轄の警察署へ届ければ無料で破棄してもらえるか相談してみてください。捨てるのはもったいないから誰かに譲ったり、売ってしまいたいというならまず上記の方法で各種変更届けをしてから買取業者へ持ち込めば大丈夫です。

銃砲刀剣類に関しては美術品または骨董品として価値がある場合に教育委員会で登録されますので価値がないとなった場合は廃棄するしかない場合もございます。だからといって発見してすぐに警察や教育委員会に届ける事なく研ぎに出したりしますと違法となりますのでご注意ください。

【散弾銃が出てきた場合】
散弾銃(ライフル銃)に関しては所持するのに免許がいりますので故人が亡くなった時点で許可が失効します。もし、相続で銃を取得した場合は失効日より50日以内に
①自分が許可を受ける。
②譲渡する。
③廃棄する。
のいずれかの手段を選ばなければなりません。

譲渡する場合は相手方が許可を持っていなければなりません。
ただし、相手が銃砲店の場合はいつでも譲り渡せます。廃棄する場合は所轄の警察署か銃砲店へ持ち込みましょう。

もし、故人が免許を持っていたかどうかわからない場合は日本刀と同じように警察署へ発見届けをしましょう。銃砲店で処分するには手数料や弾1発につきいくらなどどいった感じで処理代金がかかります。

▲よくある質問リストへ戻る

遺言書が出てきたのですがどうすればいいのでしょう?

遺言書が出てきた場合、公正証書遺言以外は家庭裁判所での検認手続きが必要となります。封印のある遺言書は,家庭裁判所で相続人等の立会いの上開封しなければならないことになっています。遺言書が見つかった場合はまずはご相談ください。

▲よくある質問リストへ戻る

相続放棄する予定だけど、部屋は家族で片付けなければいけないの?

相続を放棄する場合、放棄した者は初めから相続人ではなかったものとみなされる為、家財の処分を行うには注意が必要です。相続の放棄、放棄する予定の者が家財を処分してしまうと、法律上相続の「単純承認」となり、相続を承認したものとみなされる場合がありますので、相続放棄の予定がある場合はまずはご相談ください。

▲よくある質問リストへ戻る

事故現場(自殺・孤立死など)で近隣から苦情がきてる、でも相続放棄する予定だけど、片付けてもいいの?

賃貸物件などでは、大家への明け渡しや近隣への迷惑を避けるためにどうしても行わなければならない家財の整理なども発生します。

本来なら「単純承認」とみなされる事案であっても遺品整理の方法によっては相続放棄に影響を出さずに行えるものもありますのでまずはご相談ください。

▲よくある質問リストへ戻る

大家さんから多額の現状回復費を請求されている、どうすればいいのか?

賃貸物件における原状回復費については国土交通省より民間賃貸住宅における原状回復についてのガイドラインが出されています。

ガイドラインでは原状回復を「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義し、その費用は賃借人負担としています。

そして、いわゆる経年変化、通常の使用による損耗等の修繕費用は、賃料に含まれるものとされています。

つまり 原状回復は、賃借人が借りた当時の状態に戻すことではないことを明確化しているということです。ですので、長期間住んでいる賃貸物件でクロスの全面張替えの費用などを請求された場合などのように過剰に請求されていると思われる場合は、退去清算を終えるまえに一度ご相談ください。

▲よくある質問リストへ戻る

自殺や孤独死の問題に親身に相談に乗ってくれる弁護士の先生を紹介してもらえませんか?

弁護士紹介制度

賃貸物件での自殺の問題は借主側、家主側双方にとって大きな問題となります。また、法律で画一的に解決手段が決まっている訳ではないことからどうしても当事者双方の協議を重ねて解決へ向かっていく姿勢が重要となってきます。

第八行政書士事務所では当事者双方の協議を円滑に進める為に依頼者の方に親身になって相談に乗って頂ける弁護士を紹介しておりますので、どうしても相手方との折り合いが付かない、または話しを聞いてもらえないといった状況でお困りの場合は頼りになる弁護士の先生をご紹介いたしますのでご相談ください。

ご紹介する弁護士の先生は当事務所所在地が名古屋にあることから、名古屋に事務所を構えている弁護士の先生が中心となります。

弁護士の先生への相談(初回相談は無料対応有り)につきましては、相談時間を有効に利用する為にも当事務所にておおまかな内容の聞き取りを行い、その内容を弁護士の先生へお伝えした上で、相談に臨んで頂く方式を取っておりますので、最初のご相談は当事務所へとご連絡をお願い致します。(弁護士の先生の事務所へ行く際はお申し出があれば付き添いも行います。)

また、名古屋在住の方でなくても弁護士の先生の事務所へとご来店頂ける方につきましてはサービス対応の範囲内となっておりますので、自宅は県外だが名古屋の部屋を整理したい方や近くで良い先生がみつからないような場合はご相談ください。

また、名古屋までは出向けないけれど良い弁護士の先生を紹介してもらいたいといったケースでは、状況を確認した上で、弁護士の先生のネットワークを活用して対応して頂ける先生をご紹介できる場合がございます。(東京や大阪は比較的ご紹介できる状況です。)こちらは、状況次第で受けて頂ける先生をご紹介する形となっていますので、まずは当事務所へとご連絡ください。

費用について
弁護士紹介制度は賃貸物件での事故で悩まれているご家族の為に用意しておりますので、弁護士の先生のご紹介に関しては費用は発生いたしません。また、当事務所への相談も無料で行っております。

※当事務所スタッフが弁護士の先生の事務所への付き添うサービスについては費用が1万(税抜)が掛かりますが、遠方からこられて名古屋の地理が分からないような場合は送迎もいたします。(送迎は無料です。)

弁護士の先生へ実際に依頼する場合の費用については、事情をお伺いした上で掛かる費用を弁護士の先生よりご提示していただきますので、依頼されるかどうかはじっくり検討されてからご返事頂ければ大丈夫です。

▲よくある質問リストへ戻る 

賃貸物件の大家ですが入居者が高齢者ばかりになっており事故が起きた場合が心配です。
なにか対策はありませんか?

現在保険会社数社より孤立死(孤独死)・自殺などのもしもの際に利用できる保険が販売されています。孤立死(孤独死)や自殺が起きた際の「遺品整理費用」「原状回復費用」「家賃保証」がセットになっており万が一の際は非常に有用となっておりますので、興味がおありでしたら一度ご相談ください。

▲よくある質問リストへ戻る

仏壇や神棚があるのですが、自宅に引き取る事ができません。どうすればいいですか?

仏壇や神棚を移動したり処分する場合はお寺などに依頼して魂抜きを行うことをお勧めします。ご依頼頂ければ当事務所で手配致しております。

▲よくある質問リストへ戻る

長年疎遠になっていた親族の遺骨が出てきた場合はどうすればいいのでしょうか?

遺品整理の際に疎遠になっていた親族の遺骨や誰の遺骨かわからないような骨壷が出てくることがあります。その場合にそのお骨を捨ててしまうと最悪犯罪に問われてしまうことがありますので、身元が判明しているならそのご家族のお墓へ、お墓に入れられないような事情がある場合は納骨堂などを利用するといいでしょう。
最近は永代供養付で年間管理料無料といった納骨堂もありますので(1霊8万円)、利用を検討されてみてはいかがでしょうか。
第八行政書士事務所提携 万松寺納骨堂           ▲よくある質問リストへ戻る

長年住み続けていたので、供養してから遺品整理をお願いしたいのですが?

長年お住まいだったお部屋にはたくさんの思い出や愛着の品などがあるものです。ご希望をお伝え頂ければ現地のお部屋までご住職に来て頂き、お部屋全体を供養してから遺品整理を行う手配も行っております。また、ご希望の品が数点だけの場合は合同供養のサービスをご利用ください。

▲よくある質問リストへ戻る

家財の搬送、形見分け配送をお願いしたいのですが・・・

ダンボール1箱から大物家具まで、状況に合わせて配送手配を取らせて頂きますので
お気軽にお申し付けください。

▲よくある質問リストへ戻る

故人が生活保護を受けていましたが、こういった場合の費用はどうなるのでしょう?
生活保護を受けられている方がなくなった場合は恐らく遺品整理の代金は遺族や関係者の持ち出しとなる事がほとんどです。葬儀の費用に関しては国から補助が出る場合がありますので一度役場にご相談ください(葬祭扶助)。例えば名古屋市であれば葬儀の費用は約20万円を上限として補助が出ます。

その補助の費用を遺品整理の代金に当てられないのかとも思うのですがこの費用は葬儀業者より役場に直接請求書が行くものですので遺品整理代金として使用することはできません。

また、生活保護を受けていた方の遺品より現金(遺留金)などが出てきた場合は役場へと返還しなければいけない場合がございますので一度ご相談ください。。

▲よくある質問リストへ戻る

故人が買っていたペットがいるのですが?

遺品整理の現場では故人が可愛がられていたペットの亡骸と出会うこともしばしばございます。
その際は当事務所で引き取りは可能ですが、生きているペットにつきましてはお引き受けできません。

▲よくある質問リストへ戻る

浄化槽の汲み取りが必要なんだけど?

浄化槽につきましては普段汲み取り業務を行っている業者がいると思われますので、まずはそちらにご依頼するのがいいかと思われます。もし、業者の連絡先などが判明しない場合は当事務所から役場などへ問い合わせを行いますのでご相談ください。

▲よくある質問リストへ戻る

リフォーム、不動産売却、解体、名義変更、廃車手続などたくさんやる事があって困っています。

当事務所はもとより、士業のネットワークにより各種事案に最適な先生方がおりますので
安心してご相談ください。

▲よくある質問リストへ戻る

遺品整理ではなく、長期入院、施設入所に伴う部屋の片付けなどでも作業はしてもらえますか?

もちろん可能です。老人保健施設などでは、食事の時間やデイサービスなどの時間帯で片付けに適さない時間などもございますので、職員の方も含めて打ち合わせさせて頂きますのでまずはお電話で状況をお知らせください。

▲よくある質問リストへ戻る

遺品整理及び作業に関するご相談は下記の問い合わせフォームまたはフリーダイヤルからどうぞ。
遺品整理に関する各種お問合せ

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 引き取り手が無く困っている遺骨、骨壷について

 生前に用意する死後の挨拶状自分の死後、親しい方へと自分の言葉で感謝の気持ちを伝える新しい作法「生前に用意する死後の挨拶状」について

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件での自殺に関する質問集

 賃貸物件で自殺や孤独死が起きた場合の対処法 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 退去立会いサービス実施中! 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

 まだ使えるのにもったいない。相続バザーへのご寄付のお願い

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

名古屋商工会議所の一員です。

名古屋商工会議所 第八行政書士事務所
第八行政書士事務所は名古屋商工会議所の一員です。

ページの先頭へ