第八ブログ

2019.07.11

銀行の窓口で法定相続情報一覧図が使えない!?

 おはようございます。名古屋の遺品整理・特殊清掃専門第八行政書士事務所の谷です。

最近そーめんばかり食べているのですが、そーめんより蕎麦の方が太りにくいと聞いて、蕎麦に切り替えるか悩み中です。蕎麦よりそーめんの方が好きなんですよね~

さてさて、麺論議は置いとくとして、この間のブログにも書きましたが今年の7月1日より改正民法が動きはじめて、実務家としても新しい知識を入れなければとやっきになっているところではありますが、今回は少し前に始まった「法定相続情報一覧図」について。

法定相続情報一覧図の制度は平成29年の5月から開始された制度、この制度を利用して作成した一覧図と呼ばれる故人の相続関係図が様々な手続きで利用できるというものです。

一覧図の使い道の主な物としては、「不動産登記」、「預貯金の相続手続」、「相続税の申告」となりますが、故人と相続人の相続関係を示すのに非常に役に立つ制度であります。

私も相続業務を受注して相続関係を確認する場合は基本的に法定相続情報一覧図の作成までまず行うようにしています。

法定相続情報一覧図は必要書類を準備して法務局に申し出れば必要枚数を無料で発行してもらえますし、発行も1~2日ほどでしてもらえますので、依頼者の方の負担も少ないですし、なにより、その後の手続きが非常にスムーズになります。

そんな訳で先日ご依頼頂いた九州地方の相続案件でもこの法定相続情報一覧図の作成を行ったのですが、そのご依頼、名古屋にお住まいの相続人の方から遺産分割協議書の作成をはじめとする相続案件であり、これに先立って一覧図の作成を行った次第です。

戸籍収集を行い、法務局へ提出する申出書と一覧図などを作成し問題なく完成。それを使用して故人の預貯金の残高証明を取得しようと、九州のとある銀行に電話した際のことです。

いつも通り、残高証明に必要な書類について確認すると「亡くなられた方の出生~死亡までの戸籍を、、、」と、これまたいつも通りの返答かきます。

ですので、こちらも「戸籍関係は一覧図があればいいですよね?」と確認すると、いつもなら「あっ、一覧図があるなら大丈夫です!」とちょっと喜ばれる感じでの返答がくると思っていました。

法定相続情報一覧図は既に法務局で相続人の確認が終わっており、言ってみれば相続関係はこの一覧図に記載されている通りで間違いないと国の機関からお墨付きがついているような状況です。

ですので、銀行側としても戸籍を一から確認して相続関係を確認したり、何十枚にも及ぶ戸籍などを全てをコピーするといった手間が省けることになりますから、銀行側の負担もかなり減るわけです。

そうした意味もあり、基本的に銀行関係には一覧図を提出するようにしているのですが、その時の返事は「いえ、一覧図ではなく、戸籍の原本を全てご用意してください。」という回答。

「え?、一覧図ダメなんですか?」、「はい、こちらで戸籍を全て辿って相続人を確認しますので、、、、」という予想外の返事。

確かに法定相続情報一覧図の開始当初は銀行によって対応が変わることもあると注意喚起されていましたが、既に開始から2年以上も経っていますので、一覧図がダメっというのはちょっと考えにくい。

もしかして、「一覧図」が士業が作成した家族関係図か何かと勘違いしているのかもと思い。「法定相続情報一覧図なんですけど、ダメですが?」と正式名称で伝えてみるも。「はい、こちらで相続人の調査をさせて頂きますので、、、、」と同じ回答。

いや、でも、相続人の調査に間違いないことは既に法務局でされてるし、あえて銀行側が調査する必要性を感じないんだけども!と思い、「え、でも、相続人の調査は既に法務局でされていますし、法務局で相続人に間違いがないことを確認しているからこそ一覧図が発行されているわけですけど」と、ここまで言うと「あ、えっ、ちょっと一覧図が使用できるかどうかは本部に確認してみます」という回答に変わりました。

ちなみに私が確認の電話をかけたのがその銀行の本店なわけですけどね、、、、。これは窓口業務の方が法定相続情報一覧図について知らなかったのか、もしくはその銀行ではあまり相続案件で一覧図を使用することがなかったのかのどちらかがと思いますが、折り返し掛かってきた電話では「一覧図で大丈夫です!」という回答。ですよね~。

と、これまで一覧図ではダメと言われたことがなかった為、ちょっとびっくりした出来事でした。銀行によっては法定相続情報一覧図が浸透してないところもあるのかなと思わせる出来事でしたね。

いずれにしても、法定相続情報一覧図は非常に使い勝手が良いものですので、銀行や不動産登記など相続に関する手続きが3件以上ありそうな場合は戸籍の収集のついでに作成しておくと何かと便利かと思われます。

一覧図の作成には「戸籍の収集」「一覧図の作成」「申出書の作成」といくつか準備が必要となります。詳細は法務局の「
法定相続情報証明制度について」をご確認頂ければ詳しく書かれています。

もし、家族で作成する時間がなかったり、戸籍の収集の仕方が良く分からないということがあれば、当事務所で代行して法定相続情報一覧図を作成しますのでいつでもご相談くださいね。

一覧図作成代行に関する詳細や費用については「
法定相続情報証明制度って何?」をご確認ください。

ご相談は他府県の方でも大歓迎ですので、お気軽にご相談くださいね、ご連絡お待ちしておりま~す。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«7月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 
 おひとり様の安心を見守る
 死後事務支援協会

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について

 財産整理・遺産整理業務
遺品整理からプロに任せる
財産整理・遺産整理業務のご案内


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

ページの先頭へ