第八ブログ

2019.08.27

警察のいけず

 おはようございます。名古屋の遺品整理・特殊清掃専門の第八行政書士事務所の谷です。まだ8月ですが最近涼しくなった気がしませんか?風がさらっとしていて秋の気配を感じます。

とはいえ、真夏は過ぎたようですがまだまだ暑い日もあるでしょうかから熱中症対策には気を抜かずに取り組んでくださいね。

私の知り合いは仕事の関係もあるのでしょうが今年は立て続けに熱中症になりかけたといって、しばらくダウンしていましたので油断は禁物です。

さてさて、連日酷暑が続いた7月終わりから8月にかけて孤独死の相談や遺品整理のご依頼が立て続けに入っていました。

うちの事務所は他の遺品整理業者さんとは異なり、格安で1日で作業を終わらせるというような作業内容ではないので、必然的に依頼者の傾向というのは偏ってはきます。

今回ご依頼頂いた方もかなりの遠方からお越しの方でご兄弟の遺品整理のご依頼です。しかしながら遠方からお越しになっている関係上、遺品整理にじっくりと時間をかけることができません。

一般的な遺品整理であれば、簡単に室内の状況を確認して後は遺品整理業者さんに廃棄をしてをいて貰い、後日確認くるという手段も取れますが、今回のお部屋に関しては故人のお仕事の関係などもあり、重要な書類や財産状況の確認などで必要な書類などを丁寧に仕分けをしないといけない状況でした。

こうした室内の貴重品捜索や重要書類の捜索は当事務所の得意とするところであり、一般の格安遺品整理業者さんのように、短時間で早く遺品整理を済ませるという業者さんは苦手するところでもあります。

どちらが良い遺品遺品整理業者なのかという話しではなく、遺品整理現場の状況に応じて利用する遺品整理業者を選ぶ必要があるというだけの話しであり、適材適所ということですね。

そうした貴重品捜索をしているなかで見つかる物のなかにスマートフォンやノートPCなどの電子機器がみつかることも多くあります。

特に最近は株やFX、仮想通貨といった取引をスマートフォンでされている方も多くいらっしゃるので、非常に重要な物品となります。

孤独死などが起きた場合は警察が室内を確認した際にご遺体と一緒に貴重品関係を警察署に持ち帰り、後日ご遺体と一緒にご家族に返却されるという流れになります。

この際に警察が引き上げていく貴重品には「現金」や「通帳」、「印鑑」などはもちろん、ブランド物の高価な時計やスマートフォンなども同時に引き上げていきます。警察ってかなりブランド物には詳しいですよね。

そして、引き上げたスマホなどに関しては、故人がいつ亡くなったのか、そして何か事件に巻き込まれたのではないのかを確認する為に携帯の通話履歴やLINEなどのSNSもチェックするそうです。

以前、私がご遺体の引渡しにご家族と同行した際にも警察の方が、携帯の通話履歴を確認して最後に話しをされた方にどんな話しをしたのかを確認したような事をおっしゃていましたので、事件性の有無を確認する上で大事な作業となりますよね。

ただ、ここでちょっと疑問に思うのがスマートフォンなどには他人が勝手に覗き見できないように「ロック」が掛かっていることも多いはずです。最近は生体認証で「指紋」でロックの開閉をしたりもして高性能になっています。

生体認証とはいかないまでも普通の4桁のパスワードだけでも、本人以外にはなかなか分からない番号が設定されていることは珍しくはありませんが、警察はパスワードが掛かっているスマホなどはどうしているのでしょうね?と思いません?

私もご依頼者の方から聞いた話しではあるのですが、警察はそうしたパスワードを外すことができるそうです。そうでもしないと捜査に影響するでしょうから、考えてみれば出来て当たり前でもありますよね。

ですので、孤独死現場などで発見されたスマートフォンなどはロックが掛かっていたとしても警察はそれを解除して事件性の有無を確認した後にご遺族に返却してくれることになります。

あっ、だったら故人がパスワードを掛けていたとしても警察で解除してくれるならスマホの中身も家族で確認できるじゃない、良かった良かった!と思うところなのですが、実はそうではなく遺族に返却される際には原状復旧されているらしく、スマホもロックが掛かった状態で返却されるそうです。

え~、せっかくスマホのロック外したのなら外したまま返却してくれればいいのにと思わないでもないですよね。(警察のパスワード解除がパスワードを探してあてるのか、それともパソコン上でスマホの内容が確認できるようになるだけで、パスワードはそのままなのかはわかりませんが、、、)

家族としてはスマホにどんなデータ、特にスマホで株やFXなどの取引をしていたような場合は日々市場は動いているわけで時間が経てば経つほど状況が変わります。

財産が増える方向で変動していれば良いですが、マイナス方向に動いている可能性だってあるわけで、それはスマホを確認してみないと分からないということになったらご家族にとっても相続における一大事ということになりかねません。

もちろん警察はパスワードを解除するための機関ではないですから、無茶なお願いはできませんが、せめて返却する際に解除したままで返却するかしないかのご家族の意向を確認した上で対応してくれると家族の方も困らなくて済むのにと、ちょっと警察のいけずと思わなくもありません。(笑)

今後ますますこうしたデジタル遺品と呼ばれる分野は複雑になってくると思われますので、一般企業のサービスだけでなく公的機関での対応もお願いしたいところですね。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 
 おひとり様の安心を見守る
 死後事務支援協会

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について

 財産整理・遺産整理業務
遺品整理からプロに任せる
財産整理・遺産整理業務のご案内


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

ページの先頭へ