名古屋の遺品整理・死後事務専門の第八ブログ

2021.10.07

後を絶たない遺品整理業者の犯罪

おはようございます。名古屋の遺品整理・死後事務専門の第八行政書士事務所の谷です。

10月に入ったというのに、暑いですね!朝と夜の寒暖差も激しい状況ですので体調管理にはお気をつけください。

さて、昨日ネットを眺めていたら、遺品整理業者がタンスから見つかった金銭を盗んで逮捕というニュースが出ていました。下の記事のような感じですね。

YAHOO!ニュースより(BSS参山陰放送)

こうした遺品整理業者による金銭の横領や不法投棄は後を絶ちませんが、真面目に遺品整理を行っている業者からみると本当に迷惑な話しですね。

今回の事件の経緯としては、空き家になっていた母親の遺品整理を遺品回収業者に依頼したところ、タンスにしまってあった現金を業者の二人が発見し、それをそのまま依頼者に返却せずに盗んだということのようです。

もともと依頼者自身も多額の現金が室内にあるということは知らなかったようですので、本来なら盗まれたまま気づかずに終わってしまった事件とも言えます。

今回なぜ、依頼者側が現金を盗まれたことに気づいたかというと、亡くなった母親の通帳を依頼者の方が保管しており、その残高と現金が大きく異なっていたことから、警察に相談されたようですね。

私がいつもお世話になっている税理士の先生は、もともと国税OBということもあり、依頼者の方から相続税の申告手続きを依頼されたような場合は、通帳を精査しますが、その際に聞いている保管現金と過去に引き出された現金がズレているような場合は、「タンス預金があるのでは?」と疑うそうです。

そうした場合は、依頼者が相続税を安くすませようと故意的に現金の額を少なく言っているケースもあれば、本当に現金の所在をしらずに、故人が隠していたお金に後から気づくというケースもあります。

今回は恐らく後者のケースで、相続人たる依頼者の方はもともと室内に多額の現金が保管されているということは知らずに、遺品整理業者に整理を依頼。

その後、母親の通帳を確認したところ、多額の現金の引き出しがあり、生前に母親がそのような多額の現金が必要となる買い物をした痕跡もないことから、もしかしたら室内にあったのでは?!と思われたのかもしれませんね。あくまで私の推測でしかありませんが。

しかし、今回の事件のように相続人や遺族が知らない多額の現金が遺品整理の現場から出てくることは珍しくはありません。もともと親子間であっても、口座にいくらのお金を持っているのかなど正確には知らないのが普通です。

ですので、今回のように多額の現金が隠されていることを知らずに遺品整理業者に処分を依頼してしまうというケースも珍しくはありません。

そうした遺族が行ってしまう確認ミスのフォローも含めて、遺品整理業者の業務の内なのですが、依頼者が知らないことをいいことに、遺品から出てきた金銭を盗んでいく業者が実際にいます。

遺品整理ではなく、一般的な不用品回収でしたら本人立ち合いのもとで、作業を進めていきますので、こうした金銭を業者にもっていかれてしまうということはないでしょう。

しかし、遺品整理となると、離れて暮らしていた実家の整理のように、どこに何があるかは依頼者も分かっていないようなケースも多く、室内に多額の現金が隠されていたとしても、遺品整理業者から発見したこをと伝えてもらわない限りは気づかずに終わってしまうこともあります。

今回はたまたま、依頼者側で故人の通帳との差額の異常に気づけたので事件が発覚いたしましたが、これは遺品整理業界の氷山の一角とも言えるでしょう。

遺品整理業はなんら資格も必要もなく、誰でも始められてしまう仕事でもある割に、故人の財産を処分する、場合によっては今回のように多額の現金を室内で発見することもあり、それを適切に処理する高い倫理観を求められる仕事でもあります。

産廃の不法投棄のように、逮捕されたら代表と社名を変えて同じような仕事を始める悪徳遺品整理業者も多くいるのは、遺品整理を行うために必要な資格がなにもいらないからでもあります。

大事な遺品整理を依頼する際は、値段だけで依頼先を決めるのではなく、国家資格を有する士業をはじめとした、高い倫理観と責任をもって仕事を行ってくれるところに依頼するようにしてくださいね。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«10月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 
 おひとり様の安心を見守る
 死後事務支援協会

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について

 財産整理・遺産整理業務
遺品整理からプロに任せる
財産整理・遺産整理業務のご案内


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

ページの先頭へ