寄与分に関する疑問

寄与分ってどんな制度?

兄が「寄与分」を主張して相続財産の増額を要求しています。寄与分ってなんでしょう?

寄与分とは相続人の中で故人の仕事を手伝ったり、故人の療養看護に努めたりして故人の財産の維持や増加に関して特別に貢献した者がいる場合に、その維持や増加の分をその相続人がなした寄与として認めて、相続の際に法定相続分にその寄与した分をプラスすることによって他の共同相続人との不公平を解消しようとする民法の規定です。

寄与分は誰が行っても認められるのですか?

寄与分を主張することができるのは相続人だけです。したがって内縁の妻や事実上の養子のような方は寄与分を主張する事はできません。

しかし、相続人が直接行動するような場合に限らず、相続人の配偶者のように親密な関係なものが行うことによって、相続人の補助や指示の下で行ったのと同一視できるため、実際には配偶者が行っていたとしても相続人が行ったものとして寄与分が認められる可能性はあります。

寄与分が考慮される「特別な寄与」とはどの程度の行為をいうのでしょうか?

寄与分が認められるには特別な寄与が必要であるとされています。これは、夫婦間や親族間で法律上当然に求められる義務を果たすだけでは足らず、それ以上の貢献が要求されるということです。

ですので、妻が家事に従事したり、たまに故人のお見舞いに行った程度では特別の貢献とはなりません。
しかし、妻が家事などの配偶者としての当然の義務を超えて、無給で農作業に従事したり、本来なら人を雇って介護する所を妻が代わって介護に専念するなどして本来出費されるべきものを相続人の貢献によって免れたような場合は特別の寄与として認められる可能性があります。

なお、特別の寄与とされるには故人の財産の維持や増加といった結果が伴うことが必要であり、故人が精神的にどれだけ喜んでいたとしても、財産的な結果が伴わない限り特別な寄与としては認められません。

具体的な寄与分の計算をした場合を教えてください。

では、具体的な寄与分の計算はどうなるのでしょうか。下の図をご覧ください。
   
この図を例に説明すると。
故人はAで相続人は配偶者のBとその子供3人(長男C、長女D、次男E)となります。
長男CはAの事業を手伝い事業拡大に貢献したとします。
この場合にもし、長男(C)の寄与分を考えずに、法定相続分で遺産分割したとすると、
遺産合計 6,000万
妻(B) 相続分1/2=3,000万
長男(C)相続分1/6=1,000万
長女(D)相続分1/6=1,000万
次男(E)相続分1/6=1,000万
となります。

しかし、長男(C)がAの事業を手伝ったからこそ、「農場」という財産が発生したとすると、それは長男(C)の特別の寄与とも考えられます。
この場合、長男(C)の特別の寄与として農場3,000万が認められたとすると相続分は次のようになります。

遺産総額6,000万  -(寄与分3,000万)=3,000万
妻(B) 相続分1/2=1,500万
長男(C)相続分1/6=500万+(寄与分3,000万)=3,500万
長女(D)相続分1/6=500万
次男(E)相続分1/6=500万
となります。

寄与分は誰が決めるんでしょうか?

寄与分の額については原則相続人間での話し合いで決めることになります。相続人間での協議で寄与分の額が決められないような場合は家庭裁判所に寄与分を定める調停や審判を申し立てて決められることになります。

このページをご覧になられた方は次の項目も参照されています。

長男が「お前には特別受益がある」と言ってきて、私の相続財産の減額を主張してい
   
ます。特別受益って何でしょうか?
父が遺言で相続財産を全部他人に遺贈するとしていました。家族には「遺留分」があ
    ると聞いたのですが、「遺留分」とはどんな制度なのでしょうか?

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 引き取り手が無く困っている遺骨、骨壷について

 生前に用意する死後の挨拶状自分の死後、親しい方へと自分の言葉で感謝の気持ちを伝える新しい作法「生前に用意する死後の挨拶状」について

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件での自殺に関する質問集

 賃貸物件で自殺や孤独死が起きた場合の対処法 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 退去立会いサービス実施中! 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

 まだ使えるのにもったいない。相続バザーへのご寄付のお願い

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

名古屋商工会議所の一員です。

名古屋商工会議所 第八行政書士事務所
第八行政書士事務所は名古屋商工会議所の一員です。

ページの先頭へ