故人の財産調査に関する疑問

故人に負債があるかどうかは調べられるの?

故人に借金があるかどうかを調べる方法について

故人の借金の調査を行うにあたりまず前提となるのが、個人的な貸し借りまでは借用書などが作成されていない限りは調べようがないということです。この場合は相手方から請求されるのを待つしかありません。

また、消費者金融やカード会社からの借り入れの場合は督促状が届きますのでそれを手がかりに調査します。

銀行からの借り入れやキャッシングの場合は預金から引き落とされますので通帳から確認できる場合があります。また、通帳から定期的に支払いがなされている場合も借金の可能性がありますので確認が必要です。

相続をするかしないかですぐに借金の有無を調査したい場合は下記の場所に問い合わせをする方法もあります。

JICC・・消費者金融や大手銀行などでのローンや契約内容、支払状況に関する情報を
     確認できます。

CIC・・ 主にクレジットカード会社での契約内容などについて確認できます。

KSC・・主に地方銀行を含む全国の銀行の情報について確認できます。

※JICC(株式会社日本信用情報機構)、CIC(株式会社シー・アイ・シー)、KSC(
  国銀行個人信用情報センター

※CICのリンク先は郵送での方法の場合ですが、窓口での開示請求の方法もあります。
※KSCのリンク先は本人申請の場合ですので、相続人がする場合はページ下部にあるお問
 い合わせ先に連絡する必要があります。
※いわゆる闇金業者と言われる所からの借り入れは上記サイトでは調べられません。

上記各社で取り扱っている信用情報はそれぞれ異なっていますので、必要に応じて問い合わせ先を確認してください。(消費者金融しか使用していないようならJICC開示請求をするなど)

消費者金融などから支払いを催促された場合

もし、故人に借金がある事が判明した場合で消費者金融から相続人に対して返済の督促があった場合はどうすればいいのでしょうか?

借金の額も多額で相続放棄を検討するなら、消費者金融などからの督促に対しては「相続放棄を検討中」と返事をして先方から送られてきた書類などには一切署名、捺印などは行わないように致しましょう。

電話などの応対でも「相続放棄を検討中」または「相続放棄の手続き中」とだけ答えて、支払いの意思は無いことだけを伝えてあとの対応はしないようにしましょう。

悪質な業者の場合は「一部だけ支払ってもらえれば、後は請求しない」などと言葉巧みに借金の一部の支払いを相続人に迫ってくる場合があります。しかし、例え一部であったとしても故人の財産から借金の支払いを行ってしまうと「法定単純承認」の要件に該当して相続を認めた(または相続放棄が無効)とされてしまう可能性がありますので注意して下さい。

悪質な業者は相続人に借金のほんの一部を支払わせる事によって「法定単純承認」の状況にしてから、残りの借金全額を相続人に支払わせようとしてきますので、相続放棄をする場合は故人の財産には一切手を付けないように致しましょう。

また、反対に消費者金融などから「債権放棄」などの書類が届く場合があります。これは消費者金融側が故人の借金については請求はしませんとする内容のものです。借金が請求されない、やった、これで安心!と思われるかもしれませんが、消費者金融側わざわざ自分達の損をする事を行う訳がありません。

こういった、債権を放棄するといった書類が送られてきた場合は、故人が長期に渡って弁済を行っていた事による「過払い金」がある可能性があります。

つまり、本来なら払いすぎていたお金を相続人が取り戻せるはずだったのに、「債権放棄」の書類を相続人に送付して安心させることによって、過払い金の返還請求をされないようにしているということです。ですので、こういった書類が届いた場合はまずは専門家へご相談ください。

このページをご覧になられた方は次の項目も参照されています。

故人の預貯金ってどうやって調べるの?
故人が所有している不動産を調べる方法はありますか?

故人は株取引をしてたみたいなんですがどこの会社のかわかりません。
故人の入っていた生命保険について調べたいのですが
故人が他人の連帯保証人になっていたら相続人も責任を負いますか?
故人の部屋にある借金の督促状は無視していればいいの?

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 引き取り手が無く困っている遺骨、骨壷について

 生前に用意する死後の挨拶状自分の死後、親しい方へと自分の言葉で感謝の気持ちを伝える新しい作法「生前に用意する死後の挨拶状」について

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件での自殺に関する質問集

 賃貸物件で自殺や孤独死が起きた場合の対処法 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 退去立会いサービス実施中! 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

 まだ使えるのにもったいない。相続バザーへのご寄付のお願い

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

名古屋商工会議所の一員です。

名古屋商工会議所 第八行政書士事務所
第八行政書士事務所は名古屋商工会議所の一員です。

ページの先頭へ