準確定申告に関する疑問

準確定申告って何?必ずやらなくちゃダメなの?

準確定申告とは

準確定申告とは、被相続人(故人)が亡くなった年の確定申告を相続人が代わって申告することです。

所得税は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について計算し、その所得金額に対する税額を算出して翌年の2月16日から3月15日までの間に申告と納税をします。

しかし、相続の場合では被相続人(故人)は既に亡くなられており、確定申告をする事は当然できません。
したがって、年の途中でなくなった故人の確定申告を相続人が1月1日から亡くなった日までに得た所得を計算して故人の死亡から4ヶ月以内に申告・納税することを準確定申告といいます。

準確定申告が必要な場合と不要な場合

準確定申告が必要な方の代表的な例は下記のような方々

個人事業(自営業)を行っていた人
給与所得が2,000万円を超えている人
給与から所得税を源泉徴収をしていなかった人
不動産などの資産を売却した人
2カ所以上の会社から、給与をもらっていた人
医療費として高額な支払いをしていて医療費控除が受けられる人
同族会社の役員等で、会社から貸付金利子や賃借料を受取っていた人

※公的年金による収入が400万円以下で、かつ年金以外の所得が20万以下の方は不要。

準確定申告の手続きと納税をする方

準確定申告の手続きと納税は相続人が行います。相続人が2名以上いる場合は連署で申告するか、他の相続人の名前を付記して相続人の一人が単独で申告することも可能です。
たたし、その場合は他の相続人の承諾が必要となります。
準確定申告は相続人が故人の亡くなった際の納税地の税務署に対して行います。

準確定申告の納税は現金での納税です

準確定申告で所得税の納税をしなくてはならなくなった場合、申告期限までに現金で納税する必要があります。相続財産に十分な預金等があれば問題ありませんが、不動産や株式など換価に時間がかかる場合は相続人が準備する必要も出てきます。
相続税の申告期限(故人の死亡を知ってから10ヶ月以内)と併せて現金がいくら必要になるかなどの財産調査は早めに行っておきましょう。

困ったら無料相談を利用しましょう

準確定申告に限らず、相続に関する申告では何を確認してどの書類をどのように書いたらいいのか普段馴染みのない方にとっては非常に頭の痛い問題です。
故人が自営業を営んでいたような場合で準確定申告が必要な場合はその他の申請でも注意すべき点なども出てきますので、困った場合はまずお近くの税理士や地域の法律相談などを利用してみましょう。

このページをご覧になられた方は次の項目も参照されています。

遺品整理の時に出てきた免許証やパスポートはどうすればいいの?
申請しなければもらえない給付手続き一覧
私って相続税支払うの?相続税早見表
相続税対策で仏像やお墓を購入すると良いと言われました。なんででしょう?

公務員が相続した不動産で賃料収入を得るのは副業になるの?
遺品整理後に借金が見つかった場合はどうすればいいの?
相続人が相続放棄したかどうかは調べられるの?

年間管理費無料、8万円から利用できる名古屋大須万松寺納骨堂

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 引き取り手が無く困っている遺骨、骨壷について

 生前に用意する死後の挨拶状自分の死後、親しい方へと自分の言葉で感謝の気持ちを伝える新しい作法「生前に用意する死後の挨拶状」について

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件での自殺に関する質問集

 賃貸物件で自殺や孤独死が起きた場合の対処法 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 退去立会いサービス実施中! 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

 まだ使えるのにもったいない。相続バザーへのご寄付のお願い

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

名古屋商工会議所の一員です。

名古屋商工会議所 第八行政書士事務所
第八行政書士事務所は名古屋商工会議所の一員です。

ページの先頭へ