第八ブログ

2019.09.06

ゆうちょ銀行の相続手続についての小ネタ

 おはようございます。名古屋の遺品整理・特殊清清掃専門第八行政書士事務所の谷です。京急とトラックの事故が大変になことになっていますね。これ以上被害が大きくならないことを願っています。

今はそれほどでもないですが、以前、遺品整理専門会社に勤めていた際はほぼ毎日トラックを運転していました。遺品整理では資材の搬入や買取品の回収などで必ずトラックを使用していましたので、こうした事故を目の当たりにすると自分も注意をしなければと思います。

トラックを運転する立場から見ると、あの狭い路地から左折、右折どちらにもいけないという状況はかなり焦る状況かと思います。トラックの後ろから別の車がきていたとしたら、もう泣きたい状況ですよね。

後続車がいなければロングバックという手段もありますが、遺品整理の現場のように助手席に誰か乗ってくれているような状況なら、誘導もしてもらえると思いますが、配送業務のようにひとりドライバーだとそれも難しいですから、ロングバックはかなり神経が擦り減ることでしょう。

今回の事故ではドライバーの方が亡くなってしまわれたようで、ご冥福をお祈りいたします。トラック以外の車を運転される方も踏み切り近辺では注意して走行するようにしましょうね。

さてさて、本日は遺品整理ではなく、遺産整理の小ネタをひとつ自分の業務の備忘録も兼ねて書いておこうと思います。

相続が発生した際にまっさきに確認するのが、故人の預貯金かと思います。各種銀行口座やゆうちょ銀行などですね。この中でゆうちょ銀行はちょっと手続が他と違うという話し。

先日のブログでも書きましたが、ゆうちょ銀行では取り扱い窓口によって対応が変わったり、大きな窓口ならすんなり受け付けて貰えた相続手続が、小さな局だとまったく受け付けてもらえないなんて事もあり、他の銀行さんみたいに対応が統一されていなかったりします。

そんなゆうちょ銀行で故人の口座の解約を代理で行わせて頂くことがありますが、その際に確認するのが払戻しの方法です。

一般の銀行の場合ですと故人の解約したお金を相続人が所有する指定の口座へ振り込んでもらうことが可能です。例えば、故人がUFJ銀行に口座を持っていて、相続人が三井住友の口座を有している場合は故人の相続財産たるUFJ銀行にある残高を相続人の所有する三井住友の口座へ直接振り込んでもらうことができます。これは、銀行から銀行だけでなく、銀行からゆうちょ銀行へも基本的には可能です。

こうすれば、多額の現金を持って歩く必要もありませんし、相続財産の移動も口座間ではっきりしていますので、どういった形で相続財産が移動したのかがわかりやすくなります。

相続手続によっては、代理人の士業がいったん解約金を専用の口座に移したり、相続人の代表者が他の相続人が受け取る分も併せて一括で受け取ることもありますから、金額がはっきりと通帳で確認できる事には大きな意味が出てきます。

ただ、ゆうちょ銀行の場合、故人の通常貯金や定額貯金を相続人が受け取る場合、相続人もゆうちょ銀行を持っていないと振込みでは対応してもらえません。

つまり、相続人がゆうちょ銀行ではなく、UFJや三井住友のような一般の銀行しか口座を持っていない場合は、銀行への振込みは行ってもらえないということです。めんどうですよね(笑)

銀行→ゆうちょ銀行は○
ゆうちょ銀行→ゆうちょ銀行以外の銀行へは×

では、相続人が一般の銀行口座しかもっていない場合はどうなるのかというと、相続による解約金はゆうちょ銀行から金券という形で郵送され、それを窓口へ持っていくと換金してもらるという流れになります。

ですので、遺産整理業務としての手続としては、相続人がゆうちょ銀行を持っていればそこへ振り込んでもらい、持っていないようなら金券での手続となるの二通りというわけですね。

では、こんな場合はどうでしょう。故人がゆうちょ銀行に「通常貯金」の口座を持っており、相続人が二人いたとします。相続人はそれぞれゆうちょ銀行を持っていた場合、相続による解約金は相続人それぞれのゆうちょ口座へ振り込んで貰う事ができるのか?

答えは、出来ない。です。

ゆうちょ銀行の相続担当の方へ問い合わせをしたところ、ひとつの口座を複数人で分けるようなケースの場合は、たとえ相続人の方々がゆうちょ銀行に口座を持っていたとしても振込み対応ではなく、金券発行による対応になるとのことです。めんどくさいですね(笑)

では、さらに突っ込んで聞いたことも載せておきますが、故人がゆうちょ銀行に「通常貯金」と「定額貯金」の二つを持っていた場合に、相続人Aが「通常貯金」、相続人Bが「定額貯金」を相続するとなったら、ゆうちょ銀行は相続人のゆうちょ口座へ振り込みで解約金を入れてくれるのか?

答えは、振込み対応可です。

この場合はそれぞれ別口座を別々の方が相続するということになりますので、解約時に指定すれば相続人のゆうちょ口座へ直接振り込みによって、故人のゆうちょ口座から解約金を入れてもらうことができるということです。

これは、担保定額貯金のように、通常貯金と定額貯金がひとつの通帳で管理されているようなケースでも同様の扱いになりますので、ゆうちょ銀行の通帳に通常貯金と定額貯金がセットになっている通帳(総合口座通帳)の場合でも当てはまるそうです。よければご参考にしてください。

今回のゆうちょ銀行の相続の際の小ネタでした。ゆうちょ銀行の担当の方から聞いた内容なので、もし解釈等間違ってる部分があればご指摘頂けると助かります。ではでは~。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«9月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 
 おひとり様の安心を見守る
 死後事務支援協会

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について

 財産整理・遺産整理業務
遺品整理からプロに任せる
財産整理・遺産整理業務のご案内


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

ページの先頭へ