第八ブログ

2014.06.07

孤立死(孤独死)に対する偏見

 !!?なんかボンボン!と外から聞こえる。なんですか~?と外を見たら大輪の華が咲いてました。そうです、花火です。事務所は名古屋の熱田区にあるのですが、熱田祭り(雨で花火は1日順延)の花火が打ち上げられていました。ちょうど雨と雨の合間を縫うタイミングで久々の花火を堪能していた名古屋の遺品整理専門の行政書士事務所第八行政書士事務所の谷です。夏の到来は近いですね。

  • さて、本日は現場からみる孤立死・孤独死に対する偏見について少し書きたいと思います。
  • 孤独死の現場では早期に発見された場合と発見が遅れる現場があります。

    また、部屋の状況も普通の生活をされていたお部屋とかなり衛生状態に問題があると思われるお部屋も存在します。孤独死と言っても早期に発見されさえすれば単に亡くなった時に誰も傍にいなかっただけの自然死と変わりません。

    しかし、発見が遅れた場合は遺体が腐敗し部屋の中も酷い状況というのがテレビなどで放送されるにつき、孤独死という言葉の響きと合わさって、孤独死=寂しい死に方といったイメージが定着してしまっています。

  • 特に発見が遅れてしまうお部屋の特徴として多いのが衛生状態の酷いもの、有り体に言えばゴミ屋敷化してしまっているということです。

    この状況をテレビなどで見ると一般の方は「掃除もしないだらしない人だ」「ゴミの中でも平気な人だ」「自立できてない人だ」といった印象を持ってしまいます。

    確かに中にはそういった人もいますが、そうではない人、そんな悲しい現場で亡くなってしまった人の責任ではない現場も私はたくさん見てきています。

  • まず、こうしたゴミ屋敷みたいなお部屋になってしまう大きな原因が日本の高齢化と認知症患者の増加です。今、日本では65歳以上の10人に1人が認知症と言われています。

    認知症の患者の方は自分ではルールを守ってきちんと行動しているつもりなのに、実際はルールを守っていないということがあります。遺品整理の現場ではゴミ出し問題がそれにあたります。

    高齢者ご本人はちゃんとルールを守って分別をして出しているつもりでもその方法が間違っており、ご近所から文句を言われてしまう。本人は決められた通りにゴミ出しをしているつもりですから、周りから苦情を言われれば当然いい気はしません。

    そしてそんな事が何回も起きれば、近隣住民との付き合いも悪くなり、本人も文句を言われるくらいならゴミ出しをやめてしまおうということになり、結果部屋の中にゴミを溜め込んでしまう。

    そして、近隣の住民もその高齢者を自分勝手なやっかいな高齢者と認識してしまい、その方との距離をあけて気にかけなくなってしまいます。

    こうして認知症の高齢者は孤立や孤独を深めてしまっているのです。こんな方を「だらしない方」だから孤独死したのだ、と言えるのでしょうか?

似たような事例で、高齢で足腰が弱っているケースがあります。高度成長期に建設された各地の団地には5階でもエレベータが無く階段で昇り降りをしている場所がまだまだたくさんあります。

最近では建て直しも始まっていますが、依然その数は多いままです。当然、昔からそこに住んでいる住人の方には高齢者の方が多く。普段の買い物にも難儀されています。

私も仕事柄、膝を痛めることがあり、痛み止めのシップが手放せませんが、痛みが酷い時は本当に骨に響くような痛みで階段の昇り降りに恐怖すら感じます。

高齢者にとってはそれが日常のゴミ出しに影響してきます。荷物を持たない状況でさえ階段の昇り降りがつらいのですからゴミを出す作業も苦痛を伴います。そしてゴミ出しを避ける結果どんどん部屋にゴミが溜まっていく状況になり最後にはゴミ屋敷になってしまうのです。

さらに、部屋にゴミを溜めてしまう結果、自宅がゴミ屋敷になっているのを見られるのが恥ずかしく誰も自宅に呼ぶことが無くなり、せっかく誰か訪ねてきても追い返してしまったりと、最後には誰も気にかけなくなってしまう負のスパイラルに嵌ってしまうのです。

こうした、悲しい孤独死を少しでも減らすためにもまず、このような実情もあるのだと知って頂き、偏見に陥りそうになった際に思いとどまり、もしかして認知症なのでは?、もしかしてゴミ出しが大変なのでは?と周りの方が考えてくれるようになれば高齢者が孤独や孤立を深めて扉に鍵をかけてしまう前に社会との繋がりを維持するお手伝いができるかもしれません。

当事務所も影ながら活動していきたいと思います。    

名古屋の遺品整理専門 第八行政書士事務所 代表 谷 茂

第八行政書士事務所は名古屋を中心に愛知・岐阜・三重での遺品整理・特殊清掃のご依頼を承っております。
その他の地域にお住まいの方でも遺品整理や賃貸トラブルなどのご相談は随時お受け致しておりますのでお気軽にご相談くだいさいね。
第八行政書士事務所 問い合わせフォームはこちら

にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ ブログの内容が面白ければ1clickして頂けると励みになります!
にほんブログ村

人気記事TOP10

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«6月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 引き取り手が無く困っている遺骨、骨壷について

 生前に用意する死後の挨拶状自分の死後、親しい方へと自分の言葉で感謝の気持ちを伝える新しい作法「生前に用意する死後の挨拶状」について

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件で自殺や孤独死が起きた場合の対処法 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 退去立会いサービス実施中! 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

名古屋商工会議所の一員です。

名古屋商工会議所 第八行政書士事務所
第八行政書士事務所は名古屋商工会議所の一員です。

ページの先頭へ