第八ブログ

2018.01.28

死後事務委任?飛び込みの葬儀代行依頼

 おはようございます。名古屋の遺品整理・特殊清掃専門第八行政書士事務所の谷です。寒いですね。先日は名古屋でも久々の大雪となり、路面の凍結で交通は大混乱といったところでした。

ちょうどその日は知り合いの遺品整理業者さんの手伝いて作業していたのですが、犬の散歩に出られた女性が凍った路面で犬に引っ張られてか、転倒して頭を強く打たれていたようです。

すぐ目の前がご自宅のようでしたので大事ないとは思いますが、散歩される方はワンちゃんの行動にもお気をつけください。

さてさて、雪が降る少し前のことですが、いつもお世話になっている司法書士の先生より「今から死後事務の契約って可能ですか?」の問い合わせがありました。

通常、当事務所で行う死後事務委任の契約では、遺言書の作成や希望される死後事務の内容の聞き取りなどで何度もお会いして内容を詰めていきますので、一度の訪問だけでは正式な死後事務委任契約を結ぶことはできません。

しかしながら、お話しを聞くと依頼希望者は既にICU(集中治療室)に入っており、医師の判断で30分ほどなら面会ができるといった予断を許さない状況とのこと。

当然、本人の意思確認ができるかどうかも怪しいところですので、契約は無理でしょうというのが、司法書士の先生とこちらの意見です。

ただ、社会福祉協議会からの依頼でもあり、なんとか手伝えるところは手伝っていきたいということで、協議をしていると、依頼者のとりあえずの希望は「葬儀」と「納骨」だけであり、また配偶者の方がいらっしゃると判明。ご兄弟もいらっしゃるようですが、仲が悪いとのことでそちらには頼みたくないという強い希望があります。

でしたら、配偶者の方が喪主となられて葬儀を進めればいいのでは?と思ったところ、配偶者の方も体調を崩されて入院中とのことで、話しはできるけれど、喪主を務めることはとても出来るご様子ではありません。

したがって、死後事務委任契約は出来ませんが、身動きの取れない配偶者の方の手伝いはできますので、今回は当事務所が喪主等になる通常の死後事務ではなく、身動きの取れない配偶者の方の要望をこちらで確認して、その要望に従って私達が葬儀会社を手配して実際の葬儀、火葬、納骨まで行う支援体制で臨むことと致しました。

病院から今日、明日くらいですと電話で連絡が入った矢先にご本人様はお亡くなりとなり、急遽病院へ遺体の引き取りに伺います。同時に葬儀会社へご遺体の搬送をお願いしてそのまま会館へと移動。

予め配偶者の方に確認しておいた予算や希望プランで葬儀の手配を行い、事前に聞いていた親族の方へとご連絡。

ご親族の皆様も高齢であるとのことで、当初は誰も式には参加できないだろうとのことでしたが、告別式にはご兄弟の方が体調が悪い中ご参加してくださり非常に安堵の気持ちです。

ただ、どうしても体調がすぐれないとのことで、火葬や初七日法要については付き添いのご家族によってストップが掛かり、ご自宅へ戻られることとなりました。火葬や初七日法要については全てこちらで行わせていただきました。

通常の業務に比べてかなりイレギュラーな対応ではありましたが、葬儀会館のスタッフの皆さんの協力もあり無事、式を終えることができました。葬儀会館ティア津島の支配人はじめスタッフの皆様本当にありがとうございました。

今後はこういった緊急の要請にも対応できる体制の確立が望まれるのかもしれませんね。死後の手続きのご相談があればいつでもご相談ください。

名古屋の遺品整理・特殊清掃専門 第八行政書士事務所 代表 谷 茂

第八行政書士事務所は名古屋を中心に遺品整理・死後事務のご相談を受け付けております。

その他の地域にお住まいの方でも遺品整理や生前整理、相続相談、死後事務に関するご相談は随時お受け致しておりますのでお気軽にご相談くださいね。

お勧め記事TOP11

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«1月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 引き取り手が無く困っている遺骨、骨壷について

 生前に用意する死後の挨拶状自分の死後、親しい方へと自分の言葉で感謝の気持ちを伝える新しい作法「生前に用意する死後の挨拶状」について

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件で自殺や孤独死が起きた場合の対処法 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 退去立会いサービス実施中! 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

名古屋商工会議所の一員です。

名古屋商工会議所 第八行政書士事務所
第八行政書士事務所は名古屋商工会議所の一員です。

ページの先頭へ