第八ブログ

2018.09.22

遺品整理でトラブルが発生する理由

 おはようございます。名古屋の遺品整理・特殊清掃専門第八行政書士事務所の谷です。

三連休に入って名古屋は曇り空ですが、明日の日曜日は天気の回復も見込めるとのことですから、溜まった洗濯物を一揆干しですね!よい休日を。

あっ、第八行政書士事務所は営業していますので、遺品整理や各種ご相談はいつでもどうぞ。

さて、先日テレビの製作会社の方からこんな質問を受けました。「遺品整理でトラブルが発生する理由とそれを防ぐにはどうしたらいいのか?」という質問です。

ステレオ的に「質の悪い遺品整理業者がいるから」とか「見積りは複数取って」という回答をするのは簡単なのですが、今回は一歩踏み込んで違う観点から回答してみたいと思います。

遺品整理で発生するトラブルには料金トラブルだったり、作業内容が依頼した物と異なっていたり、作業員の対応の悪さからくるトラブルだったりと色々とあります。

一般的にこういったトラブルは「業者側が悪い」とか「悪徳な業者が営利目的に行っている」といった遺品整理業者が悪い!という風潮になっているのではないでしょうか。

実際にトラブルが起きている訳ですから、そこには何か原因があるわけで、その一端を質の悪い業者が最悪な遺品整理を行っているという事は事実としてあります。

ただ、私が考えるトラブル発生の要因はもうひとつあり、それは依頼者側の失敗でもあると考えています。

それは何かというと、自分の求める作業の質ではなく、遺品整理に掛かる費用や料金を中心に業者を選んでしまっているということです。

遺品整理にはそれなりに費用が発生しますので、できるだけ安く済ませたというのは当然のことです。しかしながら費用が極端に安いというのはそれなりに理由がある訳で、全てを企業努力で賄えるものではありません。

もちろん、安くで誠実で、安全、確実な遺品整理業者というのが一番の理想ではあるのですが、そんなスーパーマンみたいな遺品整理業者はほんの一握りでしかありません。

多くの業者は作業価格と遺品整理の質は多かれ少なかれ比例しているものであり、質が高く高度な作業を含む遺品整理は他の業者よりも料金は高くなり、単純作業だけで済む遺品整理の内容は比較的安く済むというのが道理なわけです。

そういった中で質が悪く作業料も高い業者というのは論外なわけですが、ここでは特に遺品整理業者としては特に悪質なことをしている訳ではないのに、依頼者からは苦情が出てしまう理由を考えてみたいと思います。

消費者としては、遺品整理の費用を安く済ませたいと思うのは当然のことでしょう。しかし、ネットなどで費用を確認して「地域最安値」だとか「限界価格に挑戦!」「ただいまサービス期間中につき今だけ○%引き!」といった広告に惹かれて依頼してしまうと、自分が予想していた作業内容とのギャップに不満がつのってしまう結果となります。

自分はこういった作業を望んでいたのに、全然希望通りにしてくれない!遺品がまるでゴミのように扱われた!作業員の態度が最悪だ!などという不満がどんどん溜まっていってしまいます。

では何故そういう結果になってしまったのか?それは自分達家族が望む作業を行ってくれる遺品整理業者に依頼していないからです。

作業費用の安さに釣られてついつい安い業者に依頼してしまった結果、その遺品整理業者には依頼者の要望に応えるだけの体制が整っていなかったということです。

これは一概にその遺品整理業者が悪い訳ではありません。その遺品整理業者としては依頼料に見合った作業を会社の規定に従って行っているだけで、特に悪意をもって作業を行っているというわけではないのです。

単にその会社で行う遺品整理の内容と依頼者の方が求める遺品整理の質とが合致していなかった、つまり依頼者の希望と遺品整理業者の作業内容に大きなギャップがあったということです。

もちろん、見積り時などに遺品整理業者が丁寧に説明していればこういった問題は起きなかったかもしれませんし、見積り時に自分達が求める作業内容ではないと解れば依頼者も別の会社に依頼したかもしれません。

しかしながら、遺品整理業者も会社である以上は利益を追求するのは当たりまえで、敢て不利になるようなことは言わないでしょうし、その点は依頼者側で注意していくしかありません。

このブログで何度も言っていることですが、安い業者だから悪い業者、高い業者だから良い業者では決してありません。

遺品整理業者を選ぶポイントは「自分達が求めている遺品整理はどんな内容か?」を中心に遺品整理業者を選ぶことです。

室内に残されているものには思い入れもなく、すべて処分してしまい部屋を大家さんに返せる状態にしてくれればいい。こういった内容なら「安くて作業の速い業者」で依頼者の要望には応えられるでしょう。

しかし、資産家の家で貴重品や重要書類がたくさん残っている。大事な物を選定して残しておいて欲しいという依頼者の要望には「安くて速い業者」では力不足かもしれません。そうした場合は「高いけれどもで知識が豊富で確実な作業を行う遺品整理業者」を選ぶべきですよね。

それなのに、安くて早い業者に依頼してしまい、確かに費用は安く、作業も早かったかもしれないけれども、室内にあった現金や貴重品の行方はわからなくなり、大事な書類も他のゴミと一緒に処分されてしまったなんて結果になってしまっては目もあてられません。

特に貴重品や大事な書類などがある部屋ではそれを確実に保管する高い倫理感と豊富な知識が必要とされ、安さと速さを売りにしている遺品整理業者ではなかなかそれだけの技能を有しているスタッフを抱えているところは少なく、どうしても価格と作業の質が比例してくる結果となります。

重ねて言いますが、自分達が求めている遺品整理の内容は何か?依頼する予定の遺品整理業者にはそれに応える能力があるのか?これを軸に考えて、見積り時に質問や相談をすることで、価格だけで遺品整理業者を選ぶよりは不測の事態を防げることになると思います。

名古屋の遺品整理・特殊清掃専門 第八行政書士事務所 代表 谷 茂

第八行政書士事務所は名古屋を中心に遺品整理・死後事務のご相談を受け付けております。

その他の地域にお住まいの方でも遺品整理や生前整理、相続相談、死後事務に関するご相談は随時お受け致しておりますのでお気軽にご相談くださいね。

その他の関連記事

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«9月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 
 おひとり様の安心を見守る
 死後事務支援協会

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 引き取り手が無く困っている遺骨、骨壷について

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件で自殺や孤独死が起きた場合の対処法 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 退去立会いサービス実施中! 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

ページの先頭へ