第八ブログ

2018.11.15

孤独死発見で応急救護?

 おはようございます。名古屋の遺品整理・特殊清掃専門第八行政書士事務所の谷です。

11月も後半戦に突入して、早いところではそろそろ忘年会なんて話しも出てきているのではないでしょうか?

寒い時期は真夏と違った孤独死の発生要因が潜んでいますので、お酒はほどほどに、休息は十分に取って、ヒートショックなどで倒れないようにしていきましょう。

さてさて、真冬のヒートショックはこの時期、孤独死発生の一要因ではありますが、先日ある不動産会社の社長や店長さんとの会食の際にこんな話しを聞きました。

その不動産会社さんは高齢者や生活保護の方を積極的に入居支援している不動産会社さんなのですが、そうした入居者の方が多いためか、室内での孤独死という事態に頻繁に遭遇されるそうです。

私自身、遺品整理業を10年近く行っていますが、基本的にはご依頼が来る段階では既にご遺体は運び出されており、私達はご遺体があった箇所の清掃がメインとなりますので、ご遺体を発見するといったことはありません。

しかし、その不動産会社の店長の方は第一発見者になることも多いそうで、いろいろと過去の発見エピソードを教えて頂きました。その中のひとつに、これは注意しないといけないという物があったので書いておきたいと思います。

高齢者の方が増え、ケアマネージャのような介護職の方が高齢者のご自宅へ訪問して生活のサポートを行うということは日常の風景になってきていると思われますが、今後は介護職の方が訪問した先で孤独死現場に遭遇する可能性も増加してくるかと思われます。

ちょうど今月、同じようなテーマでケアマネージャ向けの孤独死現場と死後事務に関する勉強会の講師を務めるところなのですが、そうした、介護職の方にご注意して頂きたい点が今回のお話しとなります。

普段の勉強会などでは、室内で孤独死が発生している場合の状況を説明して、玄関前でこうした兆候が見られたらひとりでは室内に入らずに会社や警察へ連絡をしましょうと案内しています。

遺品整理業者の立場からすると、孤独死現場ではその後に警察の捜査や鑑識などが入り、また室内に残されていた貴重品などの紛失などの際に余計な疑いが掛からないようにとのアドバイスなのですが、今回不動産会社の方のお話しを聞いて、遺品整理業者では体験しないことをひとつ教えて頂きました。

それは、孤独死現場を発見した際に一般的な方でしたらまずは「警察」へ連絡するかと思われます。その不動産会社の方も警察へと連絡されたのですが、警察へ連絡した際に「救急」にも電話をするようにと言われたそうです。

当然、発見された方は「もう既に死んでいるのに救急?」と思われたそうですが、言われるがままに救急へと連絡を取ったところ、救急の電話口で「わかりました、すぐに向かいますので、あなたは応急救護を実施してください」と言われたそうです。

応急救護、車の免許を持たれている方ならご存知だと思いますが、事故などを起こした際に手当てできるようにと教習所で習うあれです。

しかし、既に亡くなっているのは遺体の状況や死臭などからあきらかなのに応急救護をしないといけないって、えええええっ!と、当然なりますよね。

「え、いや、もう既に亡くなっていますよ。遺体も腐乱してますし、、、、」とその発見者の方も孤独死を発見するのは初めてではないですので、救急の電話口に伝えたそうなのですが、「あなたは医者ですか?」と聞かれ、「いえ、違いますけど」と答え、「でしたら医師が死亡確認するまでは死亡かどうかは判明しません!」と言われてしまったそうです。

とは言え、身内ならともかく赤の他人でしかも腐乱している遺体ですから、無理ですと伝えたところ、でしたら代わりに救急車の誘導を行ってくださいと言われたそうです。

その話しを聞いて、救急の窓口の言っている事は間違ってはいないのでしょうが、無茶な事を言うものだと思いもしたわけです。

このケースは不動産会社の方が管理しているマンションで起きた事の為、管理会社で保管している鍵にて開錠して室内でご遺体を発見したがために起きた出来事とも言えます。

反対に言えば、ご遺体を発見していない状況、例えば玄関前で異常を見つけたという段階なら警察に連絡するだけでよかったとも言えます。

実際にご遺体を発見してしまったが為に応急救護をしてくださいと言われた訳であり、まだ遺体は見つけてないけれど、恐らく室内で亡くなっているという状況なら警察が駆けつけて、室内の状況確認やその他の手続きも警察にて行ってくれますので、遺体を発見するかしないかでその後の対応が大きく変わってくるという実体験だったと思われます。

介護の現場に身を置くケアマネージャーのような方々の場合は、同じような状況になった場合、応急救護なんてやったことがないので出来ません!とは言えないでしょうから、もし、孤独死現場に遭遇したら?といった特殊な状況でもどのように対応するのかの取り決めは今後必須になってくるのかもしれませんね。

名古屋の遺品整理・特殊清掃専門 第八行政書士事務所 代表 谷 茂

第八行政書士事務所は名古屋を中心に遺品整理・死後事務のご相談を受け付けております。

その他の地域にお住まいの方でも遺品整理や生前整理、相続相談、死後事務に関するご相談は随時お受け致しておりますのでお気軽にご相談くださいね。

その他、人気記事

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«11月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 
 おひとり様の安心を見守る
 死後事務支援協会

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 引き取り手が無く困っている遺骨、骨壷について

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件で自殺や孤独死が起きた場合の対処法 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 退去立会いサービス実施中! 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

ページの先頭へ