第八ブログ

2017.11.15

札幌の遺品整理業者の逮捕について

 おはようございます。名古屋の遺品整理・特殊清掃専門の第八行政書士事務所の谷です。

11月も折り返しとなりもう少ししたら忘年会シーズン突入ですね。お酒は百薬の長とはいいますが、飲みすぎれば必ず毒ともなりますのでくれぐれも飲みすぎないように注意してください。

年末はヒートショックの事故も含めて孤独死が増える時期でもあります。くれぐれも飲みすぎにはご注意ください。大事な事なので二回言いました。

さてさて、先日ネットでニュースを眺めていたら札幌の遺品整理業者(実際には便利屋)が不法投棄で逮捕されたという話題が載っていました。(ニュースは
こちらでご確認くさい)

正直、「またか、、、」という感想でしかないのですが、遺品整理業で度々問題となるのがこの不法投棄の問題です。遺品整理の専門業者をはじめ遺品整理に携わる方々の多くは真面目にやっていると思われます。

しかし、遺品整理というのは少し特殊な業界でもあり、作業の透明性を確保するのが非常に難しい仕事でもあります。まず、今回の事件の背景としてあるのが、処分費用の削減と高い利益率の確保となるでしょう。

一般的な遺品整理業者なら1件の遺品整理の仕事で経費のうち占める割合が高くなるのが処分費用かと思われます。

今回逮捕された業者もそうですが、通常一般家庭の処分品を回収するには市町村の許可(一般廃棄物収集運搬業許可)を受けている必要があり、許可を持たずして家庭の品、それが例えゴミであっても回収することは法律違反となります。

ですので、家庭の不用品を回収するには市町村の許可が必要なのですが、この許可(一般廃棄物収集運搬の許可)は新規ではなかなか降りないのが現状です。(産業廃棄物の許可は降ります)

理由としては既存の許可業者だけで十分需要を満たしているからとなるのですが、ま~、行政の思惑もいろいろとあるのでしょう。ここで言いたいのは、遺品整理業者や便利屋など家庭の不用品を回収する事を専門にしている業者の多くは市町村の許可を持っていないということです。

ですので、本来でしたら許可を持っている業者と提携して作業を行うケース(当事務所はこのスタイル)が多くなると思われますが、中には産業廃棄物の許可で作業をしたり、今回逮捕された業者のように無許可で開き直って業務を行っているところも多数見受けられます。

テレビなどで放送された遺品整理業者でさえ産廃の許可で遺品整理を実施している事もあるくらいですので、一般の利用者にとってはなかなか区別がつかないことでしょう。

話しが逸れましたが、ではなぜ無許可業者の不法投棄が行われるのかというと、許可業者と提携して作業をすれば適正に処分することは出来ますがその分処分費用が高くなります。その処分費用も市民がクリーンセンターなどに自前で持ち込んだ場合の費用よりは当然高くなります。

処分費用が高くなった分を依頼者から受け取れれば問題ないのですが、価格競争が激しい遺品整理業界では値段が高い=他の遺品整理業者に依頼を取られてしまうという危機感が常につきまとうこととなります。

一般の方としても普段は無料で市が回収してくれる不用品が遺品整理業者に頼んだら何十万円も掛かった!とびっくりするケースもあり、なおのこと遺品整理業者は価格には敏感になってきています。

そういった背景を基に順法精神の欠けた業者が遺品整理をする際に真っ先に考えるようになるのが、処分費の削減であり、不法投棄となる訳です。

不法投棄をすることによって、処分費は削減できて、しかも依頼者からもらった処分費用は丸儲けとなり、さらに格安で依頼をうけても他社に負けなくなるという一種の麻薬のような効果があるわけですね。

もちろん、そんな事が許されるはずはなく今回の逮捕に繋がった訳ですが、違法回収で捕まっているのはごく一部の業者に過ぎません。

今回の事件でもそうですが、遺品整理業者が不法投棄した処分品について遺品整理業者が責任を問われるのはもちろんですが、場合によっては排出者として遺品整理を依頼した人まで責任を問われることになるかもしれません。

遺品整理は高いから良い、安いからダメというものではなく、自分と家族に合った遺品整理業者を探すことがポイントとなります。でも、あまりにも安すぎる業者や対応が怪しい業者は不法投棄以外の問題を抱えている可能性もありますので、遺品整理業者の見極めは十分ご注意くださいね。

名古屋の遺品整理・特殊清掃専門 第八行政書士事務所 代表 谷 茂

第八行政書士事務所は名古屋を中心に遺品整理・死後事務のご相談を受け付けております。

その他の地域にお住まいの方でも遺品整理や生前整理、相続相談、死後事務に関するご相談は随時お受け致しておりますのでお気軽にご相談くださいね。第八行政書士事務所 問い合わせフォームはこちら

お勧め記事TOP11

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«11月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 引き取り手が無く困っている遺骨、骨壷について

 生前に用意する死後の挨拶状自分の死後、親しい方へと自分の言葉で感謝の気持ちを伝える新しい作法「生前に用意する死後の挨拶状」について

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件で自殺や孤独死が起きた場合の対処法 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 退去立会いサービス実施中! 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

名古屋商工会議所の一員です。

名古屋商工会議所 第八行政書士事務所
第八行政書士事務所は名古屋商工会議所の一員です。

ページの先頭へ