原状回復にかかる判例の動向

こちらでは、国土交通省が出している「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」の第3章に掲載されている原状回復をめぐって過去に出された判例を紹介しています。

これを読んだからといって退去立会いの際にものすごく役に立った!ということはないかもしれませんが、もしトラブルが起きた際に裁判所はどういう考え方のもとでどのような判決を下すのかが良く分かります。

無いに越したことはありませんが、もし裁判で原状回復について争うことになった場合の資料としてご活用ください。


ガイドライン全文が欲しい!という方は「国土交通省」のHPでDLできます。
孤独死や自殺が賃貸物件で起きた場合については「
自死・孤立死賃貸物件判例集
 をご参照ください。

原状回復にかかる判例の事例紹介

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では42個の事例が紹介されています。下記の表の事案に概要を記載してありますので、興味のある判例があれば事例NO.をクリックして下さい。
事例の紹介と判決の要旨の詳細ページへと移ります。

事 例 事 案 の 概 要
事 例1
毀損・汚損等の損害賠償を定めた特約には通常の使用によるものは含まないと
された事例   【名古屋地方裁判所判決平2.10.19】判例時報1375-117
事 例2
通常の使用による汚損・損耗は、特約にいう原状回復義務の対象にはならな
いとされた事例           【東京地方裁判所判決平6.7.1】
事 例3
原状回復の特約及び別記の「修繕負担項目」により、損耗の程度に応じた賃借
人の負担を認めた事例【東京地方裁判所判決平6.8.22】判例時報1521-86
事 例4
通常の損耗に関する費用は、約定された敷引金をもって当てると解するのが相
当であるとされた事例       【大阪簡易裁判所判決平6.10.12】
事 例5
賃貸借契約書に約定されていた畳表の取替え費用のみが修繕費用として認め
られた事例             【仙台簡易裁判所判決平7.3.27】
事 例6
まっさらに近い状態に回復する義務ありとするには、客観的理由が必要であり
特に賃借人が義務負担の意思表示をしたことが必要とされた事例
        【伏見簡易裁判所判決平7.7.18】消費者法ニュース25-33
事 例7
原状回復の特約条項は、故意過失又は通常でない使用による損害の回復を規定
したものと解すべきとした事例     【東京簡易裁判所判決平7.8.8】
事 例8
修理・取替特約は、賃貸人の義務を免除することを定めたものと解され自然汚
損等について賃借人が原状に復する義務を負っていたとは認められないとされ
た事例                【京都地方裁判所判決平7.10.5】
事 例9
賃借人の手入れにも問題があったとしてカビの汚れについて、賃借人にも2割
程度の負担をすべきとした事例     【横浜地方裁判所判決平8.3.25】
事 例10
原状回復義務ありとするためには義務負担の合理性、必然性が必要であり、更
に賃借人がそのことを認識し又は義務負担の意思表示をしたことが必要とした
事例                 【伏見簡易裁判所判決平9.2.25】
事 例11
賃借人に対して和室1室のクロス張替費用及び不十分であった清掃費用の支払
を命じた事例             【春日井簡易裁判所判決平9.6.5】
事 例12
更新時に追加された原状回復の特約は賃借人が自由な意思で承諾したとは認め
られないとされた事例         【東京簡易裁判所判決平11.3.15】
事 例13
特約条項に規定のないクリーニング費用等の賃借人による負担が認められなか
った事例                【仙台簡易裁判所判決平12.3.2】
事 例14
通常損耗を賃借人負担とする特約が否定された事例
                    【大阪高等裁判所判決平12.8.22】   判例タイムズ1067-209
事 例15
通常損耗を含めた原状回復義務の特約が有効とされた事例
                             【東京地方裁判所判決平12.12.18】 判例時報1758-66
事 例16
敷引きの特約は有効とされたが修繕費用は通常の使用による自然損耗部分を除
く7万円に減額された事例                       【神戸地方裁判所判決平14.6.14】
事 例17
経過年数を考慮し賃借人の負担すべき原状回復費用が示された事例
                                                           【東京簡易裁判所判決平14.7.9】
事 例18
ペット飼育に起因するクリーニング費用を賃借人負担とする特約が有効とさ
れた事例                                               【東京簡易裁判所判決平14.9.27】
事 例19
50%償却」と「賃借人の負担義務を定めた特約」の規定のあった事例
                                                      【名古屋簡易裁判所判決平14.12.17】
事 例20
過失による損傷修理費用のうち経年劣化を除いた部分が賃借人の負担すべき
費用とされた事例クロス・カーペット張替え     
                                                        【東大阪簡易裁判所判決平15.1.14】
事 例21
賃貸人は、敷金の精算は管理会社に一任されると主張したが、敷金から控除
されるべき費用はないとされた事例   【神戸簡易裁判所判決平15.4.10】
事 例22
設備使用料等の合意が、公序良俗に反し無効とされた事例
                   【大津地方裁判所判決平16.2.24】
事 例23
本件敷引特約は消費者契約法10条により無効であり、また、賃借人は見える
ところの結露は拭いており、カビの発生に賃借人の過失はないとされた事例
                  【枚方簡易裁判所判決平17.10.14】
事 例24
通常損耗に関する補修費用を賃借人が負担する旨の特約が成立していないと
された事例           
最高裁判所判決第2小法廷平17.12.16】
             (特約に関する3つの要件が示された重要判決
                 一審【大阪地方裁判所判決平15.7.16】
                控訴審【大阪高等裁判所判決平16.5.27】
事 例25
本件敷引特約は、消費者契約法10条により無効であるとされた事例
                   【西宮簡易裁判所判決平19.2.6】
事 例26
カビの発生は賃借人の手入れに問題があった結果であるが、経過年数を考慮
するとクロスの貼替えに賃借人が負担すべき費用はない、との判断を示した
事例                  【川口簡易裁判所判決平19.5.29】
事 例27
通常損耗を賃借人の負担とし、解約手数料を賃借人の負担とする特約が消費
者契約法により無効とされた事例             【京都地方裁判所判決平19.6.1】
事 例28
敷引特約が、消費者契約法に反し無効とされた事例
                   【奈良地方裁判所判決平19.11.9】
事 例29
保証金解約引特約が消費者契約法10条により無効とされた事例
                                                        【京都簡易裁判所判決平20.8.27】
事 例30
通常損耗補修特約は合意されたとはいえず、仮に通常損耗補修特約がなされ
ていたとしても、消費者契約法10条に該当して無効とされた事例
                                                        【東京地方裁判所判決平21.1.16】
事 例31
賃借人が負担すべき特別損耗の修繕費用につき、減価分を考慮して算定した
事例                                      【神戸地方裁判所尼崎支部判決平21.1.21】
事 例32
庭付き一戸建て住宅につき、草取り及び松枯れについての善管注意義務違反
があったとして、賃借人の費用負担を認めた事例
                                                          【東京簡易裁判所判決平21.5.8】
事 例33
賃借人がハウスクリーニング代を負担するとの特約を有効と認めた事例
                                                       【東京地方裁判所判決平21.5.21】
                                           一審【東京簡易裁判所判決平20(ハ)3160号】
事 例34
契約終了時に賃借人自ら補修工事を実施しない時は契約締結時の状態から通
常損耗を差引いた状態まで補修すべき費用相当額を賃貸人に賠償すれば足り
るとされた事例
                   【大阪高等裁判所判決平21.6.12】
             一審【神戸地方裁判所尼崎支部判決平21.1.21】
事 例35
賃貸借契約終了時に敷金から控除された原状回復費用について賃借人の返還
請求が一部認められた事例
                   【東京地方裁判所判決平21.7.22】
                        一審【東京簡易裁判所】
事 例36
清掃費用負担特約並びに鍵交換費用負担特約について消費者契約法に違反し
ないとされた事例
                   【東京地方裁判所判決平21.9.18】
                       一審【武蔵野簡易裁判所】
事 例37
更新料特約は消費者契約法10条並びに民法第1条2項に違反せず有効である
とした上で通常損耗の範囲について判断した事例
                   【東京地方裁判所判決平21.11.13】
事 例38
賃借人が敷引特約を認識していても特約の合意が否定された事例
                                                         【福岡簡易裁判所判決平22.1.29】
事 例39
通常の使用によって生じた損耗とは言えないとして未払使用料等含めて保証
金の返還金額はないとされた事例              【東京地方裁判所判決平22.2.2】
事 例40
敷引契約について消費者契約法10条に違反しないとされた事例
                                                        【東京地方裁判所判決平22.2.22】
事 例41
違約金支払い条項が消費者契約法10条に違反するとされた事例
                                                        【東京地方裁判所判決平22.6.11】
事 例42
通常損耗についての原状回復費用を保証金から定額で控除する方法で賃借人
に負担させる特約が有効とされた事例
                                              【最高裁判所第1小法廷判決平23.3.24】
                                                                                    一審【不明】
                                                       【大阪高等裁判所判決平21.6.19】

※国土交通省のガイドラインをホームページで掲載するにあたり、
   国土交通省より許可を取得しています。(1406149900008)

代表挨拶 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 
 おひとり様の安心を見守る
 死後事務支援協会

第八ブログ 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

万松寺納骨堂
名古屋万松寺の納骨堂のご紹介

 引き取り手が無く困っている遺骨、骨壷について

 死後事務委任 遺品整理 名古屋
専門家が家族の代わりに葬儀や遺品整理を行う「死後事務委任契約」について


遺品整理で出てきた故人の大切な品々を無料で買取査定いたします。 

よくある質問 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

自死・孤立死 賃貸物件判例集 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

 賃貸物件での自殺に関する質問集

 賃貸物件で自殺や孤独死が起きた場合の対処法 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所

事故物件のリフォームもお任せください
自殺・孤独死等の事故物件専門のリフォーム工事

  • 相続放棄を予定している相続人の皆様へ 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン超解 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】
  • 退去立会いサービス実施中! 【名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所】

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 高齢者の為の移住・住み替えサービスパック

 まだ使えるのにもったいない。相続バザーへのご寄付のお願い

遺品整理のときにみんなが感じる相続の疑問Q&A 名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所
・銀行口座の凍結って何?
・故人の借金調査どうやるの?
・生命保険金って誰のもの?
・相続税って必ず払うもの?
そんな遺品整理や相続の際にみんなが疑問に思う所だけを集めたQ&A

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所 孤独死確率診断チェック 

あなたは孤独死しやすい人?
自分の孤独死確率を知り、孤独死しない為には何が必要なのかを知りましょう!

  • オゾンの力で強力消臭!

  • 孤独死・自死現場の特殊清掃は最新の機器と専用の薬剤で素早く対応!

提携事業者様募集のお知らせ

関 連 リ ン ク

法テラス愛知愛知県弁護士会愛知県司法書士会愛知県行政書士会

名古屋の遺品整理生前整理専門の行政書士事務所 第八行政書士事務所へのお問い合わせはこちら:0120-018-264

第八行政書士事務所

〒456-0058
愛知県名古屋市熱田区六番
2丁目9-23-604
電話番号:052-653-3215
FAX番号:052-653-3216

対応エリア

名古屋を中心として愛知、岐阜、三重の遺品整理なら第八行政書士事務所へご相談下さい!
当事務所では遺品整理業務を専門として名古屋を中心に東京・大阪など全国でサービスをご提供させて頂いております。

名古屋の遺品整理生前整理専門第八行政書士事務所対応エリア
(無料見積りエリア)

ページの先頭へ